特化型ブログアフィリエイト実践記2ヶ月目!

こんにちは!YUNITOです。

今回は、特化型ブログアフィリエイト実践記シリーズの2発目ということで、僕が実践2ヶ月目で行ったことなどをお伝えしていきたいと思います。

まだ、1ヶ月目の記事を読んでいない方はこちらをご覧ください!

特化型ブログアフィリエイト実践記1ヶ月目!

2ヶ月目のGoogle Analyticsデータ

2month

これが僕の特化型ブログの実践2ヶ月目のデータです。報酬は約25,000でした。

1ヶ月目の実践記をご覧になってくれた方は「おお!成長してるじゃん!」って思ってくれるはずです。

2ヶ月目の前半は、あまりアクセスは伸びず、「このままで大丈夫かな?」と思っていたのですが、後半になってアクセスがどんどん伸び始めました。

 

また、グラフの形を見てもらえば分かると思うのですが、トレンドアフィリエイトでよくあるような、ある日一気にアクセスが上がって、また下がって、またある日に上がって…のような形をしていませんね。

以下、僕のトレンドアフィリエイトのPV数のイメージ図です。

トレンドアフィリエイト

 

これに対して、安定性が抜群なのも特化型ブログの特徴です。

なぜなら、1ヶ月目の実践記でも紹介しましたが、短期的にアクセスを集めるショートレンジキーワードは最低限しか扱っていなかったからです。

 

「これだったら絶対アクセスを集められる!」と確信できるような、ショートレンジキーワードしか扱っていませんでした。このようにショートレンジを補助的に使うことにより、安定してアクセスを集められるブログとなっていくのです。

 

僕が実践2ヶ月目に行ったこと

2ヶ月目はだんだんと記事の更新に慣れてきたころです。

1ヶ月目では、WordPressの使い方がまったく分からずかなりあたふたしていましたが、2ヶ月目にもなるとスムーズに作業が行えるようになってきます。

 

僕の場合は、パソコンのスキルに加えて文章力も皆無でした。なので、最初の頃の記事を見ると目もむけられないほどのひどい文章でした。笑

ただ、1か月間、文章を書き続けることによりだいぶましになってきたかなと感じます。

 

また、徐々にキーワード選定のスキルも身についてきたかなと感じたのもこの時期です。キーワード選定は主に、検索ボリュームのチェックとライバルチェックからなります。

これらのうち、ライバルチェックは感覚的な部分が多く、上達するには「慣れ」が必要です。当時を振り返ると、このライバルチェックの部分はまだできていなかったかなと感じます。

 

しかし、検索ボリュームのチェックは上手くできていたと思います。チェックといっても、キーワードプランナーというツールを使っていただけなのですが、月間の検索数が多い部分を狙えていました。

ただ、その分ライバルが強いところを狙っていたので、上位に表示されることはありませんでした。ライバルチェックは本当に大切なので、早めに習得しておくことをおすすめします!

特化型ブログでアクセスを爆発させるライバルチェックの極意

 

特化型ブログへ移行

2ヶ月目で行ったことの中で、これが一番大きな出来事です。

1ヶ月目まではいろいろなジャンルを扱う「ごちゃあぜブログ」を運営していましたが、2ヶ月目からはあるジャンルに特化した「特化型ブログ」に移行しました。

 

特化型ブログに移行した一番大きな原因は「トレンドアフィリエイトは危険である。」ということです。

最近、特にお金稼ぎしか考えていないようなトレンドアフィリエイトを実践しているブログに対して、グーグルペナルティがかなり活発化してきています。

そして、この傾向はどんどん強まっていくと予想されます。なので、「ごちゃまぜトレンドブログ」を運営していると、せっかくアクセスが集まってきたころにグーグルペナルティを受けて、今までの努力が水の泡になるのではないかと考えたのです。

 

一方、特化型ブログの場合は、専門性が高いブログなので有益な情報を発信しているとGoogleに評価され、ペナルティのリスクがほとんどなくなります。

特化型ブログが最高の手動ペナルティ対策である理由

 

また、特化型ブログは他にもたくさんのメリットがあります。ぜひ、こちらをご覧ください!

特化型ブログアフィリエイトの5つのメリットとたった1つのデメリット

 

記事の外注化を本格化

2ヶ月目ぐらいから記事の作成はライターさんにお願いすることが多くなってきました。昼間は大学で研究をしていたので、夜の限られた時間しか記事作成に時間を取れなかったからです。

ライターさんにブログライティングをお願いすれば、記事更新にかかる時間は数倍短縮できます。

なので、あまり記事作成に時間がとれない方は、僕のように外注化してしまうのをおすすめします。

 

ただし、記事タイトルは自分で決めるようにしましょう。ブログにアクセスが集まるかどうかはタイトルで8割決まるからです。

もちろん、記事本文もしっかりとしたコンテンツを作ることが必要ですが、「キーワード選定が最も重要」だということは意識しなければなりません。

 

また、「外注化ってけっこうお金かかるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、学生のバイト代で十分に払える程度です。

僕の場合はだいたい1記事につき300円で募集していたので、30記事分お願いしても、1万円もかかりませんでした。

しっかり作業を続けていれば外注費のもともしっかりとれるので、外注化はとてもおすすめします!

 

実践2ヶ月目で意識してもらいたいこと

それでは、最後に僕が実践2ヶ月目を振り返って、当時の僕に言い聞かせたいことを紹介したいと思います。笑

 

最も忍耐が大切な時期!

2ヶ月目は、一番だれてしまいがちな時期なので注意しなければなりません。いわゆる「中だるみ」ってやつです。

1ヶ月目から続けてきた毎日の単調な作業が苦痛になり、モチベーションも低下していきます。そして、アクセスや報酬が急増する時期でもありません。

 

僕の勝手な考えですが、特化型ブログアフィリエイトやトレンドアフィリエイトで最も大切な時期は「2ヶ月目」です。

逆に、この2ヶ月目もしっかりと継続して続けることができれば、3ヶ月目、4ヶ月目で必ず大きな成果がでます。

なぜなら、多くの人が1ヶ月目、2ヶ月目の時点で挫折してしまうからです。

 

また、アフィリエイトは、孤独な作業でつらいこともあります。「ネットビジネス」というと、うさんくさい響きがして周りの人に相談することもできないかもしれません。(僕もそうでした。)

その孤独さを一番感じるのがこの2ヶ月目です。ここで、「1か月間頑張ってきたから、1週間は休憩しよう。」と思って、作業の手を止めてしまうのはおすすめしません。

なぜなら、そのままズルズルと記事を書かなくなってしまう可能性が高いからです。

これは1か月間頑張ってきたのに、非常にもったいないです。

 

僕の場合は、どんなにつらくても1日最低1記事は更新するように意識しました。ここでは何も考えずに、淡々と作業していくことが大切になります。

もしお金に余裕がある場合は、指導者のサポートを受けたり、チームに参加するのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

2ヶ月目の特化型ブログ実践記をお伝えしました。特化型ブログに限らず、トレンドアフィリエイトを実践している方も参考にしていただけたらなと思っています。

そして、この2ヶ月目でやっと2万4千円というまとまった収入を得ることができました。時給換算したら、かなり低いですが、自分でビジネスをして稼いだお金だったので、とてもうれしかったです。

 

そして、トレンドアフィリエイトや特化型ブログで成果が出るのは3ヶ月目からと言われています。3ヶ月目の実践記もぜひご覧ください!

特化型ブログアフィリエイト実践記3ヶ月目!

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ