特化型ブログでアクセスを爆発させるライバルチェックの極意

子犬

こんにちは!YUNITOです。

多くの方から「ブログに全然アクセスが集まらない!どうしたら集まりますか?」と質問を受けます。

それは、ほとんどの場合正しいキーワード選定ができていないからです。

 

特化型ブログにアクセスが集まるかどうかは記事タイトルで8割決まります。どんなに記事本文が面白くて、情報量が豊富で、ためになることを書いていても、読まれなければ意味がありません。

つまり、読まれるような記事にするためには、正しい方法でキーワード選定を行い、上位表示される必要があります。

 

そのキーワード選定の中でもっとも重要かつ難しいのは「ライバルチェック」です。

このライバルチェックができるようになれば、あなたのブログには面白いほどアクセスが集まります。

そこで、今回の記事でアクセスが集まるライバルチェックの方法を全て公開していきたいと思います!

ライバルチェックとは?

まず、「ライバル」というのは、あなたが狙っているキーワードで検索したときに上位に表示されているブログやサイトのことです。

つまり、「ライバルチェック」というのは、こういった競合ブログ・サイトより上位に表示できるか確かめることです。

 

極端な話、このライバルチェックができるようになれば、狙ったどんなキーワードでも検索結果上位10位以内に表示させることが可能になります。

なぜなら、上位表示できるのか、あるいはできないのか、が分かるようになるからです。

それでは、さっそくどのような方法でライバルチェックをしていけばいいのか解説していきます!

 

ライバルチェックの方法

まず、ライバルチェックを行うときは、実際に狙いたいキーワードで検索して確かめます。「SEOチェキ」「検索上位サイトチェックツール」などライバルチェックを行うためのツールがあるのですが、役に立ちません。

URLやキーワードを入力することにより、被リンク数などを表示してくれるのですが、ツールで表示される情報では、ライバルの強さがいまいち分からないんですね。

 

そこで、実際に自分で検索して、ライバルを目視したほうが、正確ですし、早く作業を行うことができます。

それでは、ライバルチェックを行うときどのような部分を見ていけばいいのでしょうか。

 

こんなブログ・サイトがあったら避けよう!

以下のようなブログ・サイトが上位を独占していたら、そのキーワードを狙うのはやめておきましょう。

  • 大手企業サイト
  • 個人ではなく組織が運営しているブログ
  • 専門性の高いサイト
  • 2ちゃんねるやNAVERまとめ(場合によってはいける)
  • 強そうな特化型ブログ

それでは、それぞれについて説明していきたいと思います。

 

大手企業サイト

企業サイトが上位に多く表示されている場合は、避けましょう。具体例としては、旅行系なら「じゃらん」や「HIS」、レシピ系なら「クックパッド」などがあげられます。

このように名前が聞いたことがあるような企業のサイトはとても強いです。どんなにブログパワーが強くなったとしても、個人のブログでは太刀打ちできないので諦めましょう。

 

聞いたことないような名前の企業サイトの場合は、それよりも上位に表示できることもありますが、企業サイトは一般的に強いです。できれば、避けたほうがいいですね!

 

個人ではなく組織が運営しているブログ

個人ブログではなく、組織的に運営しているブログも強いです。記事数もはんぱないので、おそらく勝てないでしょう。(ここでいう組織的とは、不特定多数の人が投稿するキュレーションサイトも含みます。)

例えば、「retrip」や「nanapi」、「mery」などがあげられます。あと、2ちゃんねるもめちゃくちゃ強いので避けましょう!

 

専門性の高いサイト

ある狭い範囲のジャンルに専門的なサイトやブログは強いので、避けるようにしましょう。

例えば、旅行系だったら「沖縄旅行だけに特化したサイト」「東京の観光地だけに特化したサイト」などがあげられます。

このような専門性の高いサイトは、その分Googleから高い評価を受けることができるので、上位に表示されやすくなります。

 

「だったら、俺もジャンルを狭めて、専門性が高いブログを作ればいいじゃん!」と思うかもしれませんが、狭めすぎるのもおすすめしません。

なぜなら、ブログパワーが強くなったときに、あるところでアクセス数が頭打ちしてしまう可能性が高いからです。

例えば、「沖縄旅行」だけに特化していたら、その分早い段階で上位表示させることができますが、「沖縄旅行」に関連したキーワードからしかアクセスを集めることができなくなってしまうのです。

 

一方で、「全国の旅行」を対象にしたブログの場合、沖縄だけでなく東京も、北海道もさまざまなキーワードからアクセスを集められるようになります。

ただ、その分上位表示させるのに時間はかかってしまうのですが、将来性を考えたらジャンルを特化しすぎないほうがいいですね。

 

2ちゃんねるやNAVERまとめ(場合によってはいける)

これらのサイトより、上位に表示させることはけっこう難しいです。特に2ちゃんねるは強いので、上位にたくさんある場合は避けるようにしましょう。

NAVERまとめやAllaboutといったサイトもけっこう強いのですが、ブログパワーが強くなってくると抜かすことができます。ただ、初期の頃はこれらのサイトより上位に表示させることは難しいです。

バランスを見て、いけそうだったらそのキーワードを狙ってみてもいいと思います。

 

強そうな特化型ブログ

個人が運営しているブログでも、あるジャンルに特化していてブログパワーが強そうな場合は、それにより上位に表示させることは難しいです。

「強そうな」ってどんなやねん!ってつっこまれそうなので、チェック項目を紹介しますね。

  • 記事数
  • 運営期間
  • サイトデザイン
  • 記事の文字数

まずは、この4点をチェックしてみましょう。

 

記事数

記事数があればあるだけ、ブログパワーが強くなる。という時代は終わりましたが、記事数も有用なチェック項目となります。

記事数が多いとその分、そのブログにアクセスする入口が多いことになるので、アクセスが集まりやすくなり、結果としてブログパワーも強くなっていくんです。

 

運営期間

これは一番チェックしてほしい部分です。サイドバーにアーカイブが置いてあったら、何カ月ぐらい前から運営しているブログかチェックします。

もしアーカイブを置いていない場合は、「投稿記事の一覧」から一番最初に投稿している記事の日にちを確認しましょう。

 

運営期間が長いほど、ブログパワーは強いはずです。なぜなら、ドメインを長く使用するほどGoogleからの評価も上がるからです。

なので、中古ドメインの売買が行われているんですね。

 

記事の文字数

これは補助的なチェック項目になります。最初に紹介した通り、検索結果の上位に表示されるかどう記事タイトルで8割決まります。

しかし、文字数が多く、情報量が多い記事ほど上位に表示されやすい傾向があるのも事実です。

さらに、最近はこの傾向がどんどん強くなってきていて、もしかしたら記事タイトルよりも記事本文が大切になる時代も近いかもしれませんね。

 

サイトデザイン

これも補助的なチェック項目です。ブログやサイトのデザインがオリジナルティあふれていて、見栄えがいい場合は、ブログパワーが強い場合が多いです。

これは完全に経験談ですが、テーマをカスタマイズせずにデフォルトのままで使っている場合は、あまりブログパワーが強くない場合が多いです。

ただし、これは一概には言えないので、補助的にチェックしてみてください。

 

こんなブログ・サイトが上位にあったら狙える!

逆に以下のようなブログやサイトが上位にたくさんある場合は上位表示しやすいキーワードです。ガンガン攻めましょう!

  • 無料ブログ
  • 記事タイトルに狙っているキーワードが含まれていない
  • 大手Q&Aサイト
  • ごちゃまぜブログ

それぞれについて紹介していきます!

 

無料ブログ

so-netブログやameblo、seesaaブログなどの無料ブログは、ある一定のブログパワーで頭打ちになってしまいます。

つまり、そこからどれだけ記事を更新しても、それより強くなれないのです。

 

逆にWordPressを使った有料ブログの場合は、どこまでもパワーをつけることができますので、無料ブログには勝ちやすくなります。

開始したての有料ブログでは勝てないこともありますが、時間がたってパワーがついてきたら、無料ブログより上位表示できるようになります。

 

無料ブログはさまざまな種類があり、どれが無料ブログなのかよく分からない!ということがあると思います。

そのようなときは、ページ内検索で「blog」検索してみましょう。無料ブログの場合は、ドメインに「blog」が含まれていることが多いので、ヒットするはずです。

もちろん100%無料ブログだとは限らないので注意してくださいね。慣れるまではこの方法を使って、余裕が出てきたら、実際に目視でドメイン名を見て、無料ブログか判断できるようになれば大丈夫です。

 

記事タイトルに狙っているキーワードが含まれていない

狙ったキーワードで検索してみて、そのキーワードが検索結果で表示されたタイトルに含まれていない記事が多い場合は、上位表示できる可能性が高くなります。

自分より強いサイトが上位にあったとしても、記事タイトルにキーワードをしっかりと含めることで、そのサイトより上位に表示できるのです。

 

ちょっと分かりにくいと思うので、具体例を紹介していきますね!

例えば、「沖縄 観光 雨」という3語の複合キーワードで検索してみます。

すると、上位表示されたタイトルには3語目の複合キーワード「雨」が全てに含まれていますね。

rival check

 

一方で、「沖縄 観光 大学生」と検索した場合、3語目の「大学生」というキーワードは10記事中2記事のタイトルにしか含まれていないことが分かります。

rival check2

 

なので、「沖縄 観光 大学生」は狙えるんじゃないか?と考えるのです。

もちろんこれに検索ボリュームなどの要素も入ってくるのですが、考え方としてはこのような感じです!

 

大手Q&Aサイト

「Yahoo!知恵袋」「教えて!goo」「発言小町」などのQ&Aサイトは意外とパワーが強くないので、狙い目です。とはいっても、そこそこのパワーをもっているので、最初のころにこれらのサイトより上位に表示させることは難しいです。

ただ、3ヶ月目、4ヶ月目となってパワーがついてきたころには、Q&Aサイトより上位に表示できることも多くなります。

 

ごちゃまぜブログ

ライバルチェックをしていると、「下剋上」や「PRIDE2」などを実践しているごちゃまぜトレンドブログを多く見かけると思います。これらのブログが上位に表示されていたら、狙い目のキーワードです。

 

僕たちが運営している特化型ブログは、あるジャンルに特化しているので、Googleからの評価が高いです。一方で、ごちゃまぜブログはさまざまなジャンルの記事を扱っているので、評価はあまり高くありません。

なので、これらのごちゃまぜブログがあった場合、ジャンルに特化しているあなたのブログのほうが上位に表示されやすくなるのです。

 

ライバルチェック初心者の方へ

とてもたくさんのチェック項目を紹介しましたが、もちろん最初からこれら全てを毎回チェックする必要はありません。

しかし、僕の場合はこれら全てをチェックしていますし、最終的にはあなたにもこのレベルまで到達していただきたいと思っています。

 

そのためには、少しずつ当たり前の感覚でチェックできる項目を増やしていきましょう。

例えば、「無料ブログの有無」のチェックができるようになったら、次は「記事タイトルにキーワードが含まれているか」チェックできるようにする!といった感じです。

 

このように徐々に当たり前のようにできることを増やしていきましょう。

もちろん、キーワード選定の際にこの記事を見ながらやっていっても大丈夫です。次第に自分の力となっていくはずです。

 

また、これらのライバルチェックの中で一番簡単かつ大切なチェック項目は「無料ブログがあるか、ないか」です。初心者の方でも簡単にチェックできると思うので、ぜひ試してみてくださいね。

 

ライバルチェックの練習方法

ライバルチェックのスキルを上達させるためには、トライ&エラーを繰り返していくことが大切です。

上記で紹介したチェック項目にしたがって、上位に表示されている10個の記事をライバルチェックしてみてください。そして、目安としては、勝てそうなブログがつぐらいあったら、そのキーワードで狙ってみましょう。

 

そして、記事を投稿したら、そのキーワードで実際に何位に表示されたか確認します。

もし狙い通りに上位に表示されたら、キーワード選定が上手くいった証拠です。そして、そのキーワードは狙い目のキーワードとなるので、他の関連キーワードを使ってガンガン攻めていきましょう。

 

逆に、狙ったキーワードでうまく上位に表示されなくても、問題ありません。どうして、上位に表示することができなかったのか自分なりに分析してみてください。

この分析をしっかり行うことにより、自分オリジナルのデータを手に入れることができます。そして、次回はそのデータをもとに同じ間違いを繰り返さないように、キーワード選定をしていけばいいのです。

 

このように、トライ&エラーを何回も繰り返していくことにより、徐々にライバルチェックを含めたキーワード選定がうまくいくようになってきます。

そして、このトライ&エラーを行うときに、指導者のアドバイスを受けることができれば、より早くスキルを上達させることができるのです。

 

まとめ

今回は、特化型ブログにおけるライバルチェックの方法について紹介しました。冒頭でも紹介したように、アクセスが集まるブログを作れるかどうかはキーワード選定のスキルによります。

そして、その中でも一番重要なのが、今回紹介したライバルチェックなのです。僕が持っている全ての知識を吐き出したので、かなり長くなってしまいましたが、少しずつあなたも吸収してみてください。

 

また、ライバルチェックの前段階で記事ネタを探さなければなりません。その方法についてはこちらで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

特化型ブログでの記事ネタ探しの裏ワザをこっそり公開

 

そして、ライバルチェックを行うことができたら、次は実際にタイトルを決めていきます。実際にブログに訪れてもらうためには、クリックしたくなるような魅力的なタイトルにしなければなりません。

そこで、以下の記事を参考にして、タイトルを決めてみてください!

アクセスが急上昇!読まれるブログ記事タイトルのつけ方

 

もし、なにか質問したいことがあったらお問い合わせまでお気軽にどうぞ!

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

5 Responses to “特化型ブログでアクセスを爆発させるライバルチェックの極意”

  1. ももこ より:

    めちゃくち参考になりました。私はユニトさんと同じ考え方で、二ヶ前からアフィリエイトを始めたのですが、このやり方で大丈夫なんだと、安心しました!

    • ユニト より:

      ももこさん

      ご参考にしていただきありがとうございます!
      ライバルチェックはなかなか難しいですが
      しっかり行うとちゃんと上位表示させることができますね。

      不安になることもあるかと思いますが頑張っていきましょう!

      ユニト

  2. ヤス より:

    ユニトさん、はじめまして。
    大変参考になります。他の記事も納得のいく内容ばかりで、ここ数日でほぼ全て読破してしまいました。

    質問したいのですが、私は先月から特化型ブログを開始してして、現在20記事ほど書いています。
    キーワード選定・ライバルチェック・タイトル付け、これらにも気を使っているのですが、現段階ではどう頑張っても2ページ目が限界という状態です。

    これは改善を模索するべきなのか、それとも始めはこんなものだと割り切って更新に集中したほうがいいのか。ユニトさんならどう見ますか?

    • ユニト より:

      はじめまして。
      ブログをご覧いただきありがとうございます。
      とてもうれしいです!

      頂いたご質問に関してですが、ブログ開設初期の段階で狙ったキーワードで2ページ目に表示されていれば十分ですよ!
      だいたい3〜4ページ目以上に表示されていればOKという判断で問題ないかと思います。
      その後、だいたい3〜4ヶ月後でどんどん上位に上がってくるようなイメージですね。

      よろしくお願いいたします。

  3. ヤス より:

    ご返信ありがとうございます。また一つ勉強になりました。
    今は色々な方の事例を見ながら、それを励みに記事を作成している状態です。
    まずは3か月200記事を目標に走り切りたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ