真似てみて!特化型ブログのキーワード選定を超具体的に伝授

ノートに書く人

トレンドアフィリエイトや特化型ブログアフィリエイトでは、キーワード選定とても重要になってきます。

キーワード選定ができていないと、どれだけ記事数を重ねてもGoogle Analytics のグラフはずっと横ばいで、アクセスは集まりません。

逆に、キーワード選定ができていれば、短期間でアクセスを集めることができ、あなたの報酬もエスカレーター式に上がっていきます。

 

キーワード選定は正しい方法を教えてもらわないと、いっこうに上達できず、アクセスも集まらないのでとてもつらいです。

僕が短期間で結果を出すことができたのも、早い段階でこのキーワード選定の正しい方法を習得できたからです。

とはいっても、最初の頃は、僕もまったくできていなかったので安心してください。笑

 

そこで、ここではGoogleアドセンスを使って稼ぐために最も重要であるキーワード選定の方法を具体的なキーワードを使って紹介していきたいと思います。

キーワード選定とは

キーワード選定とは、あなたが検索結果で上位に表示させたいキーワードを選ぶことです。そして、そのキーワードを記事タイトルに含めることにより、検索エンジンから大量のアクセスを集めることができるのです。

 

アクセスを集めることができれば、あなたの報酬も一気に上がっていきます。

ただ、一昔前のように大量の被リンクを集めて、、、などは絶対にしないようにしてくださいね。笑

僕たちはキーワード選定で勝負していきましょう。

 

アクセスを集めるためには、キーワード選定と記事の質が大切になってきます。

ただ、キーワード選定がもっとも重要です。感覚的にはキーワード選定:記事の質=8:2ぐらいの重要度だと思ってください!(かける時間の配分ではありませんよ。)

そして、キーワード選定のスキルが高まってきたら、より高い質の記事を作っていくことに意識を向けるといいです。

 

とにかく、キーワード選定の正しいスキルを身につけることが最優先です。何回も言って、「もう分かったよ!」って感じかもしれませんが、もう一度いいます。

キーワード選定が大切です。

 

ただ、このキーワード選定のスキルはすぐに身につくものではなく、何回もトライ&エラーを繰り返していくことにより、上達していきます。

僕の場合は、だいたい2か月目ぐらいで狙ったキーワードで上位に表示させることができるようになってきました。

 

それでは、少し前置きが長くなってしまいましたが、キーワード選定の方法を解説していきます。

  • メインキーワードの選定
  • 複合キーワードのリサーチ
  • 検索ボリュームのチェック
  • ライバルチェック

キーワード選定は大まかにこの4つの手順により進めていきます。

 

メインキーワードを探す

まずは、その記事でのメインとなるキーワードを探していきます。いわゆる「ネタ探し」です。

今回は2~3か月後ぐらいに旬のネタとなるミドルレンジキーワードを探していきたいと思います。僕がこの記事を書いている現在は8月なので、10月~11月あたりのネタを探していきます。

 

秋の季節なので、イベントネタに特化しているブログの場合は「紅葉」というキーワードを狙ってみるといいですね。

なので、ここでは「紅葉」というキーワードを使って、キーワード選定のやり方をお教えしていきます。

この記事ネタ探しはこちらの記事を参考にして行ってみてくださいね。

特化型ブログでの記事ネタ探しの裏ワザをこっそり公開

 

複合キーワードを探す

複合キーワードとは、メインキーワードの後に続く2語あるいは3語のキーワードです。例えば、「紅葉 見ごろ」などの「見ごろ」が複合キーワードになります。

 

複合キーワードを探すには、goodkeywordというツールを使っていきます。

goodkeywordでは、以下の3つのことが分かります。

  • メインキーワードに続いてよく検索される複合キーワードが分かる
  • Googleトレンドのグラフでどの時期によく検索されるかが分かる
  • そのキーワードのYahoo!知恵袋の検索結果が表示されるので、リアルな悩みが分かる

このように、一石三鳥で超便利なツールになりますので、ぜひ使いこなしていきましょう。

 

まず、以下のように検索フォームに「紅葉」というメインキーワードを入力し、検索します。

goodkeyword

 

すると、このように紅葉に続く複合キーワードとGoogleトレンドのグラフが確認できます。

keyword-research2

 

Yahoo!知恵袋の検索結果は一番下にこのように表示されていますので、ぜひ記事ネタの参考にしてみてください。

yahoo!知恵袋

 

ここでは、「紅葉 時期」という複合キーワードを選んでみたいと思います。

goodkeyword

 

「紅葉 時期」という部分をクリックすると、再びこのように3語目の複合キーワードが表示されます。

goodkeyword

 

基本的にブログパワーが弱い初期の頃は、3語の複合キーワードで上位表示されるのを目指しましょう。

ここでは、上のほうにある「紅葉 時期 京都」という3語のキーワードを狙ってみましょう。

goodkeyword

 

「紅葉 時期 京都」の部分をクリックすると、Googleトレンドのグラフが以下のように表示されています。

googleトレンド

 

まだ、キーワード選定に慣れていない場合は、3語の複合キーワードでこのGoogleトレンドのグラフが表示されていれば、検索ボリュームは十分だと思っていただいて大丈夫です。

 

もし、キーワード選定に慣れてきて、検索ボリュームをしっかり行いたい場合は、次章のキーワードプランナーを使って調べていきましょう。

 

検索ボリュームを確かめる

検索ボリュームというのは、そのキーワードが検索エンジンでどのくらい検索されているか、ということです。

検索ボリュームのチェックには、キーワードプランナーというGoogleのツールを使っていきます。他にもさまざまなツールがありますが、キーワードプランナーだけで十分です。

 

キーワードプランナーの使い方については、こちらの記事を参考にしてください。

キーワードプランナーの使い方!検索ボリュームをチェック!

 

ここでは、先ほどのメインキーワード選定で見つけた「紅葉 時期 京都」というキーワードの検索ボリュームを見てみます。

キーワードプランナー

このように、「紅葉 時期 京都」は、月間平均検索ボリュームは320ですが、旬となる9月~11月では検索ボリュームが880になっているので、検索ボリュームは十分だと判断できます。

 

判断の目安としては、最初の頃は「3語の複合キーワードで検索ボリューム500以上」を基準にしてみてください。

この基準より上であれば、どんどん狙っていきましょう。

 

ライバルチェックを行う

ライバルチェックがキーワード選定の中で最も難しく、かつ最も重要です。

なので、ライバルチェックがしっかりできるようになれば、驚くほど簡単にアクセスを集めることができます。

しかし、ライバルチェックはやり方を教えてもらえばすぐできるようになるものではなく、何回もトライ&エラーを繰り返して上手くなっていかなければなりません。

 

また、「SEOチェキ」「被リンクチェックツール」などがありますが、このようなツールを使う必要はありません。むしろ、誤ったライバルチェックをしてしまうので注意しましょう。

ライバルチェックの方法は以下の記事を参考にして行っていきます。

特化型ブログでアクセスを爆発させるライバルチェックの極意

 

先ほどの「紅葉 時期 京都」というキーワードを検索エンジンで検索してみましょう。

ライバルチェック

少しライバルが強そうに見えますが、赤色で囲まれた記事は個人が運営しているブログなので、狙えるのではないか?と判断します。

年中検索されるようなキーワードだとこのような場合、アクセスを集めるのはなかなか難しいですが、ある一時期にアクセスを集めるようなキーワードの場合、爆発力がありますので、どんどん狙っていきたいですね!

 

なので、以上より、「紅葉を見るなら京都で決まり!時期はいつごろがベスト?」のような記事タイトルを考えて、「紅葉 時期 京都」と検索するユーザーのアクセスを集めることを狙うわけです。

 

まとめ

キーワード選定のやり方について分かりましたか?少し難しく感じてしまうかもしれませんが、回数を重ねるごとにだんだん慣れていきます。

 

僕自身も最初から、こんなにすんなりとキーワード選定ができたわけではありません。

何回も試行錯誤を繰り返すことにより、今回紹介した方法が一番効率よく、ベストなキーワード選定だと判断したのです。

なので、最初から上手くキーワード選定ができないのは当然です。

 

また、あるジャンルに特化した特化型ブログの場合は、キーワード選定を繰り返していくにつれて、そのジャンルの「癖」が見えてきます。

いちいちこのようにリサーチしなくても、どのようなキーワードが上位表示しやすいか分かってくるのです。

この域まで達してしまえば、簡単に記事タイトルを決めることができます。

 

もし記事を読んでも分からないことがあったり、作業をしていて不安になることがあったら、お気軽にお問い合わせください!

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

10 Responses to “真似てみて!特化型ブログのキーワード選定を超具体的に伝授”

  1. ガクト乱世三世 より:

    ユニトさん
    お世話になってます。
    今朝方キーワード選定の項目で悩んでいたところ上記のツールを使い、タイトル変更後個人ブログが多いところに投げ込んでみたところ圏外から1ページ目に食い込めました。
    このブログに出会って3日ですが
    早速効果がでてきて少し特化がたでやっていける自信がでてきました。
    あとは記事の質をどう上げることができるかなのでそこもぜひ参考にさせていただきたいと思います。

    ガクト乱世三世

    • ユニト より:

      ガクト乱世三世

      再びコメントありがとうございます。
      特化型ブログはごちゃまぜブログより上位表示させやすいのが
      とても大きなメリットですね。

      記事の質もアクセスを集めるために重要なポイントとなってきますので、
      ぜひ記事の質も上げていきましょう!

      ユニト

  2. さくらんぼ より:

    ユニトさん
    こんにちは。

    キーワードの探し方非常に参考になります。
    1点ご質問したいことがあります。

    >判断の目安としては、最初の頃は「3語の複合キーワードで検索ボリューム500以上」を基準にしてみてください。

    とありますが、こちらは月間の平均検索ボリュームでしょうか、それとも狙いたい月で検索ボリュームがひと月でも500以上(季節ネタ)あれば狙うということでしょうか。

    • ユニト より:

      はじめまして!
      ユニトです。

      こちらは月間の平均検索ボリュームが500以上という趣旨ですね。
      ただ一時期にアクセスが集中するようなキーワードでは
      平均するとかなり検索ボリュームが少なくなってしまうことがありますので
      そのようなキーワードの場合は平均で300以上を目安にしてみてください。

      通年で同じくらいのアクセスを集め続けるキーワードの場合は500以上ですね!

      以上ぜひご参考にしてください。

      • さくらんぼ より:

        ユニトさん

        ご返信いただきありがとうございます。

        分かりました。

        安定ネタであれば、月間平均検索ボリュームが500以上、
        季節ネタであれば、300以上

        を目安にタイトル選定してみます。

        ありがとうございます!

  3. YUI より:

    ユニトさん、こんばんは。

    キーワード選定の方法、とてもわかりやすいですね!即参考にして実践してみます。

    質問なんですが、ライバルチェックの際、企業サイトが多い場合は諦めたほうが良いですか?

    今回のように、企業サイトが多い中でも個人ブログがあれば、狙ってみるのもよいですか。

    よろしくお願いします!

    • ユニト より:

      参考にしていただきありがとうございます!

      企業サイトが多い場合はできるだけ避けた方がいいですね。
      具体的な数字は難しいのですが半分以上企業サイトだったら少し警戒します。

      ただ個人ブログもある場合は、長期的に考えればそのブログのように
      企業サイトを越えて表示できるということになりますので
      その個人ブログの中身も分析して狙ってみるのもありです。

      ユニト

  4. 長谷川 より:

    こんばんわ。
    そして、はじめまして。
    長谷川です。
    私は最近PRIDE2を実践しています42歳の会社員です。
    まだブログを始めて2ヶ月ですが、記事は30記事、特化型ブログです。アクセスは1日20PVです。
    全くアクセスがないんですが、こんなものなのでしょうか?
    今はアドセンス審査に向けて頑張ってます。
    ユニトさんのアフィリエイトノウハウ凄いです。
    ビックリの連続です。
    ここまで凄いブログ初めてです。

    • ユニト より:

      長谷川さん

      はじめまして!
      ブログ開設から2ヶ月経過しているということですのでPV数はできればもう少し欲しいところですね。
      キーワード選定を重点的に改善していけばPV増につながりますので徐々にスキルを学んでみてください!

      • 長谷川 より:

        貴重なご意見ありがとうございます(^_^)
        早速キーワード選定を1つ1つ見直してみます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ