特化型ブログの記事数とアクセス数は関係ない!という考え方

わんわん

毎日、毎日記事を更新しているのに、全然アクセスが伸びない、と悩んでいませんか?

記事をたくさん投稿しているのに、アクセスが伸びないと不安になってしまいますよね。僕も最初の頃はアクセスが全然増えていかなかったので、とてもお気持ちが分かります。

 

しかし、ただやみくもに記事を投稿していくだけでは、アクセスが増えることはありません。

たしかに、以前は記事数が多いほうがブログパワーがついて、上位表示されやすくなっていましたが、それは昔の話です。最近のGoogleの評価は記事数ではなく、コンテンツ重視になっています。

 

そこで、ここではどのように記事を更新していけば、少ない記事数でもアクセスを集めることができるのかということについてお伝えしていきます!

この方法を知っていれば、効率的にアクセスを集めることができますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

記事数とアクセス数が関係ないといえる根拠

まずは、記事数とアクセス数に関係はないと言える理由について紹介していきたいと思います。

 

Googleがそう言ってる

Googleのウェブマスター向け公式ブログで、このような情報を公開しています。

サイトに対する Google の品質評価アルゴリズムは、低品質なコンテンツのランキングを下げることによって、良質なサイトをユーザーが見つけやすくします。

なお、低品質なコンテンツがサイトの一部にしか存在しない場合でも、サイト全体の掲載順位に影響を与えることがあるということにご注意ください。低品質なページを削除したり、内容の薄いページをまとめて役に立つコンテンツに改善したり、もしくは低品質なコンテンツを他のドメインに移動させたりすることが、最終的に良質なコンテンツの掲載順位を改善することにつながります。

引用:良質なサイトを作るためのアドバイス|Googleウェブマスター向け公式ブログ

つまり、最近のアルゴリズムでは、

  • 質が低い記事の検索順位はどんどん下げていくよ。
  • サイト内に低品質な記事があったら、サイト全体に悪い影響を与えるよ。

と言っているのですね!

 

Googleのアルゴリズムは非公開ですが、「コンテンツを最重視する」という傾向は今後ますます強くなっていくと予想されます。

低品質な記事が1記事、2記事あったとしても問題ないですが、それらが何十記事と積み重なっていくと、ブログ全体の評価が下がってしまい、その後、良質な記事を書いたとしても、上位表示されにくくなってしまう恐れもあるのです。

 

また、注意していただきたいのが、「良質なコンテンツ」というのはただ単に文字数が多い記事ではないということです。

もちろん、情報量が多い記事の方がいいのですが、検索ユーザーの興味があるキーワードを使って記事タイトルを決めることが大切です。

つまり、大切なのは僕がとても重要視しているキーワード選定です!

 

もちろん、最初から完璧なキーワード選定をしてくのは、かなり難しいと思いますし、時間がかかってしまうので効率的ではありません。

実際、僕も最初のころはめちゃくちゃなタイトルで、内容も薄い記事をたくさん投稿していました。笑

当時の自分としては、一生懸命やっていたつもりなのですが、今振り返るとかなり雑な記事になってしまっているのですね。

 

なので、最初のころは完璧な記事の質を求めすぎないようにしましょう。「完璧」を意識しすぎると作業の手が止まってしまい、ブログの更新が続けられなくなってしまう恐れもあります。

その時点で自分の納得のいくような記事が投稿できれば問題ありません。

 

記事を何十記事と投稿していると、どんどんキーワード選定や文章を書くのが上手くなっていき、記事の質も自然と上がってきます。

1ヶ月間ブログを運営してみて、最初のころの記事を見てみてみると、恥ずかしくなるような文章が書いてあるはずです。

 

それだけ、自分が1ヶ月間で成長したという証ですね!これがいわゆる「量質転換の法則」というものです。

たくさんの量をこなしていくと、それに伴って質も上がっていくのです。インプットばかりしているのではなく、アウトプットも大切であるということですね。

 

僕のデータを見てください!

僕の特化型ブログは開始4ヶ月目で安定して1日5万~6万PVほどのアクセスを集められるようになりました。

このように短期間でアクセスを集めることができたのは、たくさんの記事を投稿し続けたからではありません。実際、5万PVのアクセスを集められるようになったときの記事数は282記事でした。

トレンドアフィリエイトでは3ヶ月間1日3記事更新して月収10万円が目安とされているので、その目安よりも効率よくアクセスを集めることができたということが分かると思います。

 

このように短期間に多くの安定したアクセスを集めることができたのは、ブログ内にある全ての記事が少しずつアクセスを集め、それを合計して見るととても多くのアクセスになっているのです。

僕の特化型ブログ実践記でも紹介しましたが、アクセスを集めている上位10記事のPV数はブログ全体の33%ほどです。

人気記事

つまり、ユーザーのためになるような記事を多く投稿することにより、、多くの記事で少しずつアクセスを集めることができ、Googleからの評価もあがるということです。

「ユーザーのためになるような記事」を書くのは慣れていないと難しいかもしれませんが、決まった手順に従っていけば簡単に作れるようになっていきます。

この手順についてここで紹介してしまうと、かなり話が脱線してしまいますので他の記事で紹介しますね!

 

特化型ブログでアクセスを増やす方法

記事数とアクセス数に大きな関係がないことは分かっていただけたと思います。

それでは、このことを踏まえて、実際にどうすればアクセスを集めることができるのかということについてお伝えしていきますね!

 

徹底したキーワード選定を行う

まずは、検索ユーザーが興味を持っている記事タイトルを作れるように意識しましょう。

そこで、重要になってくるのが、記事タイトルのキーワードを決める「キーワード選定」です。

その記事がアクセスを集められるかどうかは記事タイトルで8割決まります。なので、徹底してキーワード選定をしていくことで、少ない記事数でもアクセスを集めることが可能となるのです。

 

1記事、1記事丁寧に作っていく

1つ1つの記事を丁寧に作っていくことも大切です。特に先ほど紹介したキーワード選定は必ず丁寧にやっていきましょう。

もちろん最初のうちに上手くできないことは当然のことです!何度も何度も繰り返すことにより、どんどん上達していきます。

ただし、毎回のキーワード選定をしっかりと丁寧に行うように意識することが大切です。キーワード選定だけは毎回、納得のいくものを作っていきましょう!

 

なので、「毎日3記事は必ず更新する!」というようなノルマを課すのはあまりよくないかもしれません。

自分の中で目標があるのは、とても素晴らしいことなのですが、「記事を早く更新しなければいけない。」という強迫観念に追われて、キーワード選定がおろそかになってしまう可能性があるのです。

 

内部リンクを貼る

少ない記事数でもアクセス数を集めるには、内部リンクをしっかりと貼ることが大切です。

サイドバーや記事下に関連記事、人気記事、最新記事などを置いておくことも大切ですが、一番大切なのは記事本文中の内部リンクです。

 

特に、最近はスマホからブログを見るユーザーが8割以上を占めることになります。スマホから見ると、パソコンとは違いサイドバーなどは一番下のほうに表示されてしまいます。

なので、もしかしたらそこまで見てくれていないかもしれません。よって、より一層本文中に内部リンクを貼ることによって、読者に他の記事を紹介することがとても大切になってくるのです。

ただし、関連性のない記事は貼らないように注意しましょうね!関連性が高い記事を貼ることによって、読者の方も読んでくれるはずです。

 

まとめ

1つ1つの記事を丁寧に作って、全ての記事でアクセスを集めることが大切であるということが分かっていただけたと思います。

もしかしたら、この記事を読んで最初から完璧を目指さなくてはならないと感じてしまったかもしれません。

 

最初の頃は、上手くキーワード選定ができないのも当然ですし、アクセスが集まらなくても不安にならないでくださいね!どんどん量をこなしていくことにより、キーワード選定も上達していきます。

具体的なキーワード選定のやり方については、こちらで詳しくお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてください!

真似てみて!特化型ブログのキーワード選定を超具体的に伝授

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

2 Responses to “特化型ブログの記事数とアクセス数は関係ない!という考え方”

  1. 片山 より:

    初めまして、現在トレンドブログ実践5ヶ月目で1日1000PV〜2000をうろついてるものです。ようやくコツがわかりはじめて、月収10万の希望が見えた頃に、トレンドのペナルティのことを知り、モチベーションが下がっていたときにこの記事を知りました。正直今までの誰よりも誠実な方だと感じました。これからもブログを参考にさせていただきます。

    • ユニト より:

      はじめまして!
      ペナルティに対する恐怖で手が止まってしまうのはとてももったいないことですよね。
      ユーザー目線に立って記事を作っていけばペナルティを受けることはありませんので
      大変ですがコンテンツの質を意識していくことが大切です。
      ぜひこれからもブログをご参考にしてください!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ