スモールビジネスで成功するために最も大切なこと

パソコンを見る人

別にたくさんの人を雇って大きな会社を作りたいわけではない。自分ひとり、もしくは家族で事業を行って金銭的、時間的に自由が得られれば十分。

このブログをご覧になっている方にはこのような考えの方も多いと思います。このように少人数で行うスケールの小さなビジネスをスモールビジネスといいます。

インターネットの環境が整備されている現在、多くの方が個人でスモールビジネスを始めて利益を得ています。

僕はブログ運営というスモールビジネスを主に実践していますが、ここではもっと広い目で見てスモールビジネスで成功するために大切なことについてお伝えしていきます。

 

スモールビジネスで成功するために重要なこと

結論から言うと、スモールビジネスで成功するために一番重要なことは、「良い市場環境のもとで事業を行うこと」です。

つまり、年々右肩上がりで成長しているような市場、分野を見極めて事業を行っていくことがとても重要となります。

 

このブログでは、「ブログによるGoogleアドセンスでのマネタイズ法」をメインにお伝えしていますが、これはインターネット広告の市場環境が極めて優れているからでもあります。

日本の広告市場全体でみれば、成長産業ではありません。しかし、インターネット広告市場にフォーカスしてみると年々10%以上のきれいな右肩上がりで成長している産業となります。

以下のグラフでは、新聞、雑誌、ラジオ、テレビ、インターネットそれぞれの広告費の推移を表しています。

広告市場環境

引用:30年近くに渡る広告費推移をグラフ化してみる

このグラフを見てみると、インターネット広告は2006年あたりからいきなり登場し、当時は雑誌広告以下の市場規模でしたが10年近く経った現在では、新聞広告市場も抜きテレビに次ぐ大きな広告市場と化しています。

少なくとも10年後にはインターネット広告市場は広告市場の中で最大の市場規模となっているのではないでしょうか。

 

このように年々右肩上がりに拡大していく市場に事業を置くことは、大きなビジネスをする場合だけでなく個人が行うスモールビジネスにとっても非常に有益となります。

例えば、年々10%ずつ売上が上昇している市場に事業を置いておけば、他の競合他社に勝たずとも現状維持で売上は10%伸びていくという計算になります。

もちろん成長産業は新規競合の参入なども激しくなるのでこのような単純計算はできませんが、市場規模の拡大に伴いその分野のスモールビジネスにも大きな恩恵が与えられるのは間違いありません。

 

逆に、年々10%で縮小している市場に事業を置いてしまった場合、現状維持では売上は年10%ずつ減少していってしまいます。

何とか新規顧客を獲得し続け、競合他社に勝ったとしても劣悪な市場環境で売上を伸ばしていくのはかなりの困難と伴います。

 

少子高齢化、人口減少などにより日本国内での市場全体は停滞しつつありますが、このような中でIT事業、医療・介護などの高齢化に対する事業の市場は拡大しつつあります。

世界に目を向けて、新興国などでビジネスを行う場合はまた違ってきますが、日本国内でビジネスを立ち上げたいと考えた場合、事業を置くべき市場は上記の2つの市場に限られてしまうのです。

 

この2つの市場の中で個人が低コストに始められるのはやはりwebサービス事業、webメディア運営事業が圧倒的です。

さらにこの中で細分化していくと、僕の思考では「ブログ運営によるgoogleアドセンスでのマネタイズ」が初めてビジネスを始める方にとっては最適であると考えています。

 

スモールビジネスにビジネスモデルは不必要

ビジネスモデルというのは、簡単に言うと企業が効率的に利潤を得るためのシステムであると僕は考えています。

Googleを例に出すと、googleアドセンスという広告を通して広告主とメディア運営者、ユーザーをつなげるプラットフォームを形成しています。

googleはこのプラットフォームのガーディアン的な立ち位置で効率的に利潤を得ていくことが可能になっているのです。

 

ビジネスで成功するためにはこのような画期的なビジネスモデルのアイデアが必要なのではないか、と考える方も多いかと思います。

僕も最初ビジネスをするためには素晴らしいアイデアが必須であると考えていました。しかし、スモールビジネスで成功するためにビジネスモデルのアイデアは必要はありません。

たしかに、事業をどんどん拡大し、上場を考え、成長していくためには優れたビジネスモデルがとても大切です。しかし、スモールビジネスの場合はビジネスモデルは必要はありません。

 

そもそもビジネスモデルというのは、ビジネスを行ううえでの「守り」となるようなものです。戦(いくさ)における「地の利」のように考えるとしっくりくるかと思います。

丘の上に強固な砦を築き上げたものがビジネスモデルなのです。参入障壁を高くし、いかに競合他社と戦わないようにするか、というのがビジネスモデルになるのです。

 

月間純利益100~300万ほどを目指すスモールビジネスだと、他社の成長しているプラットフォームを利用していく方が効率的です。

つまり、他社の成長しているプラットフォームを上記で説明した成長している市場と見るのです。これは、売上規模が小さいスモールビジネスだからこそなせる戦略です。

アドセンスでのマネタイズ戦略は、googleの検索エンジンというプラットフォームあるいは、adsenseという成長しているプラットフォームを使用しています。

 

この場合、ビジネスモデルを考える必要はないですし、プラットフォームにはルールが存在するので利益を上げる手法もかなり単純化します。

ただビジネスモデルのアイデアは必要ないとしても、ルールの範囲内での戦略は必要となります。ブログ運営での具体的な戦略はこちらの記事でまとめていますのでぜひご覧ください。

特化型ブログの作り方!初心者が稼げるまでの手順とやり方を解説

 

まとめ

今回の記事では、ブログ運営に限らず広い目で見た場合でのスモールビジネスで成功するための大切な考え方についてお伝えしました。

大きなビジネスを行っていく場合は、成長している市場環境に事業を置き、優れたビジネスモデルを有していれば戦わずして勝つことができるのでかなり有利になります。ただビジネスモデルを見つけることは偶然によることも多く、難易度の高さは計り知れません。

 

一方、スモールビジネスの場合は、成長しているプラットフォームを見つけ、そのプラットフォームのルール内で戦略を練っていけば十分な利益を上げることができるはずです。

スモールビジネスで成功したいと考えている方はぜひこのように思考をシンプル化してみてください!

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

One Response to “スモールビジネスで成功するために最も大切なこと”

  1. クワハタ より:

    いつもありがとうございます!

    勉強になります!✧

クワハタ にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ