バイトを今すぐ辞めたい大学生へ!辞める理由と言い方を伝授!

ジャンプしている人たち

大学生になるとほとんどの人がアルバイトをしますね。学校にいる時間よりバイト先で過ごす時間の方が長い人も多いんじゃないでしょうか?

しかし、バイトの仕事がつまらなすぎたり、店長や先輩が面倒くさかったりして『今すぐバイトを辞めたい!』と感じることもあるはずです。

そこで、今回はアルバイトの辞め方のや店長へ言う辞める理由について紹介していきます。

 

アルバイトの辞め方

僕自身、今までさまざまなアルバイトを体験してきました。コンビニやカフェ、イベントスタッフなどです。

それらのバイトは今では全て辞めてしまっているのですが、バイトの辞め方はしっかりと考えた方がいいです。

たまに、連絡もなしにいきなり来なくなったりしてしまう人もいるようですが、このような辞め方はおすすめできる方法ではありませんね。

 

また、辞め方はその会社やお店独自の慣習なども存在します。例えば、辞めるときは2か月前までには連絡しないといけないというルールなどがあるようです。

少し面倒に感じるかもしれませんが、このような規則もしっかり守るようにしましょうね。

 

何日前から辞められる?タイミングが大切!

遠くを見ている女の人

バイトを辞めたいと思ったとき、何日前にお店側に伝えれば辞めることができるのでしょうか。

これは、早ければ早い方がいいです。社会人としての常識を考えれば、遅くとも1ヵ月前ぐらいには言うべきですね。

 

あなたが辞めるとなったら、シフトの調節も必要となりますし、もし人手が足りない場合は、新しい人を雇わなくてはいけません。

このような雇用者が辞めることの影響を考えると1か月前には伝えるべきです。

 

しかし、法律上では14日前、すなわち2週間前に言えば辞められることになってます。

ただ、2週間前ではお店側も対応を取る時間がないので、1か月前までに伝えるようにしましょう。

大人としての常識を守り、あなたとお店の両方が気持ちよく終われるような環境にしましょう!

 

バイトを辞める理由

the-girl-the-bike-and-the-light (1)

バイトを辞めたい理由は人それぞれです。しかし、その理由を雇用側に直接言ってしまうと面倒なことにもなりかねません。

例えば、『学校が忙しくて、バイトをする時間がとれない。』という理由をお店側に言うと、『それじゃあ、週何時間だったら働ける?』とかえされて、辞めるに辞めない状況になってしまう可能性もあります。

 

雇用側としては、せっかく雇うことができた労働力をみすみす逃したくないからですね。

また新しい人を雇うとしても、募集をしたり、面接をしたり、とさまざまなコストがかかってしまうのです。

 

なので、バイトを辞める理由としては、「アルバイトを辞めることでしか解決できない」ということを強調すべきです。

「忙しいから辞めないといけないかも」という中途半端な雰囲気で『辞めたい』といっても、すんなり辞めさせてくれる確率は少なくなってしまいます。(もちろん、雇用側の考え方によります。)

 

バイトを辞めるときの言い方

手を組む男

それでは、バイトを辞めたいときにどのような言い方をすればいいのでしょうか。

本当の理由が波風を立ててしまうような理由の場合、無難な理由をお伝えしたほうがいいです。

例えば、

  • 学校の単位が危なくて、これから鬼のように勉強しないと留年してしまう。
  • 知り合いに仕事を頼まれたので、そっちに時間を割かなければいけない。
  • 引っ越すから。
  • 親に辞めるように言われた。

などがあげられます。

 

コツとしては、あんまり詳しく伝えないことです。

いろいろ聞かれるかもしれませんが、あまり詳しく言ってしまうとボロが出る可能性もあるので、深く突っ込んで説明しないようにしましょう。

また、辞める前に「こいつ辞めそうだな」というオーラを出すことも効果的です。毎日疲れて、大変そうな感じを出しておけば、店長も察してくれるかもしれません。

 

まとめ

バイトを上手く辞める方法について紹介しました。参考になりましたでしょうか?

僕自身も、ネットビジネスで稼げるようになるまではバイトをたくさんしていました。しかし、パソコン1台で大きく稼げるようになってからは、バイトを辞めて、精神的にかなり楽な生活をしています。

バイトを辞めるのは勇気がいることかもしれませんが、今回の記事を参考にしてお店側にしっかりと伝えてみましょう。

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ