ブロブで100万PV達成したときの収入と4つの戦略を公開

花に寝そべる女の人

ブログを運営している人にとって、月間100万PVというのは大きな目標のひとつなのではないでしょうか。

しかし、この100万PVというハードルを越えられる人はごくわずかです。ほとんどに人は100万PVを達成する前に諦めてしまいます。

 

なかには何年もブログを運営しているにも関わらず、100万PV達成できない方もいます。これは、ブログにアクセスを集める戦略を間違えているのです。

何百記事も投稿しているのに、人に見られていないのは悲しいですよね!

そこで、今回は僕がブログで100万PVを達成したときの収入やアクセスを集める戦略について紹介していきたいと思います。

 

月間100万PVを達成したときの収入

僕がブログで月間100万PVを達成したのは運営開始4ヶ月目のことです。(このブログではありません。)

100万PV

この月のアドセンスによる広告収入は、約51万円でした。月収50万となると、サラリーマンの平均月収よりも高い収入が得られますね!

ブログにアクセスが集まれば集まるほど、収入が上がっていきますが、しっかりと戦略的にマネタイズを行っていかないと月間100万PVを達成しても、月収10万円ほどにしかならなかったというケースもあるので注意しなければなりません。

 

ブログを運営していく場合はアドセンスを貼っている方が多いと思いますが、広告を配置する位置やブログのジャンルによって同じPV数でも収益は大きく変わってきます。

アドセンスのクリック率を上げる方法についてはこちらの記事で詳しくお伝えしています!

Googleアドセンスのクリック率を上げる4つの方法

 

また、『特化型ブログアフィリエイト実践記3ヶ月目!』で実践3ヶ月目のことは詳しくお伝えしていますので、ぜひ併せてご覧ください。

 

月間100万PV達成時の記事数

ノートに文字を書く

月間100万PVを達成するまでに投稿した記事数は290記事でした。

月間100万PVを達成したのはブログ運営開始4ヶ月目のことですので、単純計算1日2.4記事更新していたことになります。

1日の中でブログの記事作成にあてられる時間は限られていますので、1日に2記事以上毎日更新するのはかなり難しいことかと思います。

 

しかし、僕の場合は、ブログの記事作成はほぼライターさんに外注化していたので、1日2記事、3記事更新するのも短時間で行うことができました。

ブログライティングの外注化の方法はこちらで詳しくお伝えしているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

特化型ブログで記事作成を外注化する方法と手順を解説!

 

アクセスアップのための戦略

浮いている人

もちろんただやみくもに記事を投稿しまくるだけでは、ブログのアクセスアップは望めません。

いかに検索ユーザーを多く集められるか戦略を考えなければなりません。

 

ちなみに僕はSNSからの流入はほとんど狙っていないので、いかに検索結果で上位表示される記事を作れるかに集中しています。

なぜなら、SNSからの流入ユーザーはアドセンスをクリックしてくれる確率が低いからです。アクセスがアップしても、それが収益に結びつかないならあまり意味がないと感じたからです。

 

ブログのジャンルを特化する

月間100万PVを突破したブログは、あるひとつのジャンルに特化した記事を更新していく特化型ブログです。

なぜなら、さまざまなジャンルのネタを扱うより、ひとつのジャンルに絞ったネタを扱っていく方が、ブログの専門性があがるからです。

ブログの専門性が上がることにより、ブログ全体のコンセプトが明確化されるので、Googleからの評価が高くなり、結果的に検索結果で上位表示されやすくなるのです。

参考:特化型ブログの始め方!初心者が稼げるまでの手順とやり方を解説

 

オリジナルな記事を作成する

ブログを運営している人にとっては、当たり前のことですが記事はオリジナルティあふれるものにするべきです。

コピペ・リライトばっかりの記事は検索順位が上がらないですし、場合によってはGoogleペナルティにあってしまい、ブログ全体に影響が出てしまうおそれがあるのです。

 

ネットで集めた情報を記事に書く場合も、できるだけオリジナルな文章を書けるように意識すべきです。この点は、ブログライティングを頼んでいるライターさんには、耳にタコができるほどお伝えしました。

オリジナルな文章にするためには、自分の意見や感想などを盛り込むことが重要です。

意見や感想は、他の人と被ることがないので、オリジナル性、独自性があがるのです。

 

ひとつひとつの記事を高品質に

ブログのPVを上げたい人は、とにかく記事をたくさん投稿しなければならないという強迫観念にかわれて、やみくもに記事を更新しがちです。

しかし、そのようなことをしていてはブログにアクセスはいっこうに集まらないはずです。

 

特に最近のGoogleは記事の質を重要視しています。記事の質が高いほど、検索結果で上位表示されやすくなるのです。そして、この「記事の質」に対する評価は、これからさらに重要視されていくはずです。

従来の被リンクSEOからコンテンツSEOに加速度的に移行しているのです。

 

そもそも「高品質な記事」の定義とはいったいなんなのでしょうか。

それは、ユーザーにとって有益な記事です。

ユーザーが記事を読んで、「とてもためになった。」「とても面白かった。」と思ってくれる記事ですね。

そのためには、先ほど紹介した記事のオリジナルティも重要です。

 

他にも、情報量の豊富さが重要になります。

記事を書くときは文字数を意識してしまう方が多いのですが、別に記事が何文字だろうと「記事の質」には関係ありません。

500文字の記事でもユーザーが満足してくれれば、それは質の高い記事になるのです。

逆に5000文字の記事でもユーザーにとって有益でなければ、それは高品質な記事とはいえません。

 

なので、文字数を稼ぐためにだらだらと長い記事を書くのではなく、ユーザーが欲している情報をしっかりと与えられる記事を書かなければなりません。

この記事に訪れるユーザーが欲している情報はいったいなんなのか?ということを意識して記事作成を行ってみてください。

 

ただ、アドセンスでマネタイズする場合は、注意しなければいけないことが一点あります。それは文字数が多すぎると、アドセンスのクリック率が低下してしまう傾向があることです。

だいぶつっこんだ話になるので、こちらの記事で別途紹介しています。ぜひ参考にしてみてください!

アドセンスのクリック率と単価が低下してしまう4つの原因

 

記事タイトルは時間をかけて考える

記事にアクセスが集まるかどうかは記事タイトルが大きなカギを握ります。

特に、上位表示されるように狙うキーワードを決めるキーワード選定はしっかりと行いましょう。

そのキーワードで検索する人が多く、かつ上位表示されなければ、記事にアクセスを集めることができません。

 

つまり、需要と供給のバランスが崩れているキーワードをリサーチして、そのキーワードを記事タイトルに入れることによりアクセスを集めやすくなるのです。

この正しいキーワード選定の方法についてはこちらの記事で一からお伝えしていますので、ぜひご覧ください!

真似てみて!特化型ブログのキーワード選定を超具体的に伝授

 

また、検索ユーザーはあるキーワードで検索して、記事タイトルとメタディスクリプションを見て、その記事をクリックするかどうか判断します。

メタディスクリプションは、検索キーワードによってGoogle側で勝手に変更されるのであまり考える必要はありません。

なので、記事タイトルはユーザーが先ほど紹介したキーワード選定をしっかり行ったうえで、思わずクリックしてしまいそうな記事タイトルにすべきです。

 

このような記事タイトルを作るのは慣れるまで難しいと思いますが、以下の記事を参考にして少しずつ自分のモノにしてみてください。

アクセスが急上昇!読まれるブログ記事タイトルのつけ方

 

まとめ

月間100万PVを達成したときの収入やアクセスアップのための戦略についてお伝えしました。

最もアクセスを集めやすいブログは、あるひとつのジャンルに特化した特化型ブログになります。僕が4ヶ月間で月間100万PVを突破したブログも特化型ブログです。

 

僕のメルマガでは、このような特化型ブログでアクセスを集めるために必須である土台となる部分を重点的にお伝えしています。

興味がありましたら、ぜひお気軽に以下の登録フォームからご登録お願いします!

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ