Master Post Advertの使い方と表示されないときの対処法

Master Post AdvertというWordPressプラグインを使うことにより、moreタグの位置にGoogleアドセンスなどの広告を挿入することができます。

これによって、記事の上部にアドセンスを置くことができます。一般的にGoogleアドセンスでは、記事中に配置した3つの広告のうち記事の上部にあるものがクリック単価が高くなると言われています。

 

よって、一番クリック単価が高い広告をクリックしてもらうためにも、しっかりとした位置に配置したいですね。

そのためにも、Master Post Advert は役に立ちます。それでは設定方法を説明していきたいと思います。

設定方法

まずは、以下の記事にしたがって、Master Post Advert をインストール、有効化していきましょう。

WordPressプラグインを簡単にインストールする方法

 

有効化できましたら、サイドメニューの設定から「Master Post Advert」をクリックします。

Master Post Advert1

 

すると、このようなMaster Post Advert の設定画面に移りますね。

Master Post Advert2

それでは、それぞれの項目について解説していきたいと思います。

 

広告を左寄せにするか、右寄せにするか、真ん中に配置するか決めることができます。真ん中にあったほうがクリック率が高くなるので、「中央」を選択しておきましょう。

 

広告のタイトルを入力します。このタイトルは広告の上に表示されます。

Googleアドセンスの規約にしたがって、広告だと分かるように「スポンサーリンク」と入力しておきましょう。他にも、「スポンサードリンク」 「Sponsored Links」 「広告」などの表記も可能ですが、「スポンサーリンク」が一番無難です。

 

また、このタイトルは中央に位置している方が、見栄えがいいので中央になるようなHTMLコードも一緒に記述しています。上の画像を参考にしてください。

 

広告部分の幅を設定することができます。広告の大きさはアドセンスのコードを取得するときに設定しているので、「0」と入力しておきましょう。

「0」と設定しておくことにより、幅は自動で設定されるようになります。

 

ここに、アドセンスコードを入力します。「スポンサーリンク」のラベルは先ほどの「Advert area title:」で設定しているので、入力しないで大丈夫です。

 

以上のように設定することができたら、一番下の「変更を保存」をクリックしましょう。

 

使い方

実際に記事中でどのように使っていけばいいのか、解説していきたいと思います。

以下の画像のようにmoreタグを挿入するボタンをクリックして、moreタグを入れます。

Master Post Advert3

 

記事投稿画面では、広告は表示されていませんが、プレビューなどで見てみると、このようにしっかり広告が表示されていますね。

Master Post Advert4

 

広告が表示されないときの対処法

以上のような手順で設定したのに、広告が表示されないことがあります。

これを解決するためには、Googleアドセンスのコードタイプを変更する必要があります。

 

グーグルアドセンスの「広告の設定」の画面で、Master Post Advert に設定した広告の「コードを取得」をクリックします。

Master Post Advert6

 

コードタイプという項目があるのでこれを「非同期」から「同期」に変更します。

Master Post Advert5

これにより、広告が表示されるようになるはずです。

 

まとめ

moreタグにGoogleアドセンスを挿入することができるMaster Post AdvertというWordPressプラグインについて紹介しました。

アドセンスのクリック率を高めるためには、記事中の適切な位置にアドセンスを配置することがとても大切です。

他にも、AdSense Managerというプラグインを使用することにより、記事本文中にアドセンスを置くことができます。

とても便利なプラグインなのでぜひインストールしておきましょう。

プラグインAdSense Managerの使い方を分かりやすく!

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ