ロングテールSEOで飛躍的にアクセスを集める方法

パソコンする男の人

月間100万PVレベルのアクセスを集められるブログ運営者は例外なくロングテールSEOの概念を理解しています。

「ロングテールSEO」や「ロングテールキーワード」は簡単な言葉のように思えて意外と奥が深く最初は難しく感じてしまうかもしれません。

 

初心者の方は、まずwordpressの使い方やキーワード選定の方法を身に着けることが最優先です。そして、ブログ運営に慣れてきたら、今回お伝えするロングテールSEOを理解すればアクセス数も飛躍的に上がっていくはずです。

この記事では、ロングテールSEOについて徹底的にお伝えしていきます。難しい部分もあるかと思いますので、ぜひ繰り返しご覧になってみてください!

 

ビッグキーワードとスモールキーワード

ロングテールキーワードについては説明する前に、まずビッグキーワードとスモールキーワードについて解説していきたいと思います。

 

一般的に、月間検索ボリュームが数万のキーワードをビッグキーワードと呼びます。

例えば、「ダイエット」というキーワードは月間検索ボリュームが67万と超ビッグキーワードです。

検索ボリューム

 

しかし、実際に検索してみると分かりますが競合サイトがとても強く、僕たち個人が運営するブログでは10年かかっても上位表示させることはできないでしょう。

検索結果

 

話がそれますが、ライバルチェックの大まかな基準について知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

参考:特化型ブログでアクセスを爆発させるライバルチェックの極意

 

一方で、スモールキーワードというのは、検索数が少ないあるいはほとんど検索されないキーワードのことをいいます。

ニッチキーワードと呼ばれることもあります。

 

どのくらいの検索数だとスモールキーワードと呼ぶのかという明確な基準はありませんが、だいたい500以下だとスモールキーワードと理解されることが多いです。

つまり、スモールキーワード単体ではほとんどアクセスを集めることができないということがほとんどです。

 

例えば、「赤ちゃん 逆立ち」というキーワードは月間検索ボリュームが50しかなく、スモールキーワードといえます。

検索ボリューム

 

実際に検索してみると、上位表示している記事はほとんど無料ブログの記事でありライバルがかなり弱いことが分かります。

検索結果

 

なので、「赤ちゃん 逆立ち」というキーワードを狙って記事を書けば、かなりの確率で上位表示させることが可能となるのです。

 

 

以上をまとめると、ビッグキーワードは検索数は多いですが、競合サイトがとても強いことが多く上位表示させることは困難です。

一方、スモールキーワードは競合サイトが弱いことが多いですが、検索数が少ないので上位表示させることができても多くのアクセス数は望めません。

 

キーワード選定の方針

ブログにアクセスを集めるためにはキーワード選定は最も重要です。

具体的なキーワード選定の方法は『真似てみて!特化型ブログのキーワード選定を超具体的に伝授』で紹介していますが、根本的な方針として「できるだけ検索ボリュームが多く、できるだけライバルが弱いキーワード」を狙っていきます。

 

つまり、ライバルが弱いビッグキーワードを探していくのです。ただ、ライバルが弱いビッグキーワードは、お宝キーワードと呼ばれるほど、なかなか見つかりません。

そこで、ブログパワーを考慮したうえで、妥協したそこそこの検索ボリュームのあるキーワードを狙っていくことになります。

 

しかし、そのようなキーワードで上位表示できたとしてもそのキーワードからの検索流入はたかがしれています。

例えば、月間検索ボリュームが1000のキーワードで1位表示できたとしても、実際に流入してくれるユーザーは50%ほどなので月間で500ほどのアクセスにしかならないのです。

さらに、2位、3位…と順位が落ちていくにつれてクリック率も加速度的に減少していきます。

 

何が言いたいかというと、狙ったキーワードで記事を上位表示させることができても、そのキーワードで増えるPV数はほんの少しなのです。

月間100万PVのブログを目指していたら、数百PVの増加などほとんど寄与しないはずです。

 

そこで、ロングテールSEOという考え方がとても大切になってくるのです。

 

ロングテールSEOが効果的な理由

まず、ロングテールSEOの定義を解説していきます。

ロングテールSEOとは、上記で解説したビッグキーワードを上位表示させてアクセスを集めるのではなく、多数のスモールキーワードによる検索流入を目指したSEOになります。

 

そして、ビッグキーワードの比較して、この多数のスモールキーワードのことをロングテールキーワードと言います。

ひとつひとつのスモールキーワードは検索ボリュームは少ないですが、スモールキーワードが数百と集まればビッグキーワード以上の検索ボリュームを持ったロングテールキーワードとなるのです。

 

ブログにアクセスを増やしたい場合は、このロングテールキーワードの理解が必須になります。

事実、このブログで紹介している月間250~300万PVほどの特化型ブログも流入検索キーワードのほとんどがロングテールキーワードです。

 

多くの人がたくさんのアクセスを集めているブログは、たくさんのビッグキーワードで上位表示させていると思われている方が多いですが、まったくそんなことはありません。

ブログのアクセス数を支えているのはビッグキーワードではなくロングテールキーワードなのです。

 

「パレートの法則」という言葉をご存じでしょうか?

商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。

パレートの法則|wikipedia『パレートの法則』

これはマーケティングにおいて有名な法則ですが、ロングテールの法則はパレートの法則を覆す全く逆の法則なのです。

 

ロングテールの法則は、ユーザーの検索キーワードにも当てはまります。

つまり、全検索ユーザーの検索ボリュームの構成要素として、ビッグキーワードは2割のみで、残りの8割は多数のスモールキーワードから成り立つロングテールキーワードから成っているのです。

 

なので僕の特化型ブログもPV数のうち8割以上がロングテールキーワードからの流入となっています。

極論、ビッグキーワードでまったく上位表示できなくても、うまくロングテールキーワードが拾えればかなりのアクセスを集めることができるのです。

 

ロングテールキーワードでアクセスを集める方法

ロングテールSEO、そしてロングテールキーワードがどれほど重要なことかお分かりいただけたでしょうか。

それでは、どうすればこのロングテールキーワードからの検索流入を増やすことができるのかということについてお伝えしていきます。

 

記事の文字数を増やす

最も効果的な方法は、記事の文字数を増やすことです。もっと正確にいうと、記事内容に関連する語彙の組み合わせの数を増やすのです。

検索エンジンにかけたキーワードは記事本文に書かれているキーワードにもヒットしますので、語彙の組み合わせの数を増やせば増やすほどロングテールキーワードを拾えることになるのです。

 

アドセンスブログの最適な文字数については『ブログ記事の最適な文字数は?SEOの観点から考察してみた』をご覧いただきたいのですが、最低でも1500文字は書いた方がいいですね。

 

キーワード選定をしっかり行う

「ロングテールキーワードがほとんどの流入キーワードになるんだったら、どうしてキーワード選定をしなくてはいけないの?」と感じる方も多いと思います。

たしかにビッグキーワードで上位表示できなければ、狙ったキーワードでの検索流入はそれほど多くはありません。

 

ただできるだけ検索ボリュームが多いキーワードで上位表示させることにより、そのキーワードに関連したロングテールキーワードでの検索流入も増えるのです。

例えば「クリスマス プレゼント 大学生」というキーワードを狙ったとします。

本命の流入キーワードは「クリスマス プレゼント 大学生」ですが、以下のような複合キーワードも狙えるようになるのです。

ロングテールキーワード

 

これは、かなり検索ボリュームが多い例になってしまいましたが、「クリスマス プレゼント ○○」や「クリスマス 大学生 ○○」など「クリスマス」というメインキーワードに付随するさまざまなロングテールキーワードも狙えるようになるのです。

つまり、キーワード選定をしっかり行い狙ったキーワードで上位表示させることができれば、それに伴いロングテールキーワードでの検索流入も見込めるようになるということです。

 

またキーワード選定で重要な検索ボリュームのチェック、競合サイトを確かめるライバルチェックの具体的な方法は以下のページで解説していますのでご参考ください。

参考:キーワードプランナーの使い方!検索ボリュームをチェック!

参考:特化型ブログでアクセスを爆発させるライバルチェックの極意

 

見出しにもキーワードを含める

見出しは、記事本文の文字よりもクローラーに強調されます。

なので、見出し中にも狙いたいキーワード、固有名詞などを含めることによってそのキーワードからの検索流入も期待できるようになります。

 

まとめ

今回は、ロングテールSEOについて解説しました。スモールキーワードの寄せ集めであるロングテールキーワードはあなたのブログのアクセスを支えるとても重要な要素です。

 

また、ロングテールキーワードの大きなメリットとしてアクセスが安定するということがあげられます。

 

ビッグキーワードでPV数が支えられているブログは、そのビッグキーワードがなんらかの要因で検索需要がなくなってしまった場合アクセス数が大幅に低下してしまうおそれがあります。

一方、ロングテールキーワードでPV数が支えられているブログは、いくつかのキーワードの検索需要がなくなったとしてもブログ全体のPV数にはほとんど影響しません。

 

このように、ロングテールキーワードはアクセス数の安定化ももたらしてくれるのです。

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ