キーワードプランナーの使い方!検索ボリュームをチェック!

キーワードプランナーを使えば、あるキーワードが検索エンジンでどれだけ検索されているか、調べることができます。

特化型ブログやトレンドアフィリエイトでは、検索エンジンからのアクセスが命です。そして、検索エンジンからのアクセスを集めるためには、キーワード選定をしっかり行わなければなりません。

なので、僕たちはできるだけ検索ボリュームが多いキーワードを狙っていかなければならないのです。

 

そこで、検索ボリュームを一発でチェックできる便利なツールがキーワードプランナーです。

ここでは、キーワードプランナーの使い方を解説していきたいと思います。しっかり使いこなすことができれば、あなたのブログのアクセスも一気に増えるはずです。

 

キーワードプランナーの仕様変更について(2016年9月、追記)

キーワードプランナーの仕様変更により広告を出稿していない場合は大雑把な検索ボリュームしか表示されなくなってしまいました。

例えば以前では「590」と具体的に表示されていた検索ボリュームが「100〜1000」と表示されるようになってしまったのです。

 

無料で使う場合

無料で使う場合は上述のように大雑把な検索ボリュームを頼りにして、検索ボリュームを見極めていきます。具体的には狙う複合キーワードが100〜1000の検索ボリュームであるように選定していくといいでしょう。

これにより検索ボリュームに少し誤差が生じてしまいますが、キーワード選定にはそこまで支障がないはずです。

 

有料で使う場合

Google Adwordsの広告を少額でも使えば、2016年9月現在では以前のように具体的な検索ボリュームが表示されるようになっています。

僕の場合は200円ほど広告費を出せば検索ボリュームが表示されました。

 

キーワードプランナーの使い方

まずは、Google AdWords キーワードプランナーのサイトに移りましょう。

keyword-planner2

 

「AdWordsにログイン」という部分をクリックします。キーワードプランナーにログインするためには、AdWordsのアカウントが必要となります。

アカウントを作っていない方は、「AdWordsにログイン」をクリックしたら、AdWordsのアカウントを作成する画面に移るので、作っておきましょう。

 

アカウントを作成し、ログインしたら、このような画面になります。検索ボリュームを調べるには、画面上部の「運用ツール」から「キーワードプランナー」をクリックします。

keyword-planner

 

すると、このような画面になりますので、「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」という部分をクリックしましょう。

keyword-planner3

 

以下の画像のように、項目を入力する部分が開きます。一番上の「宣伝する商品やサービス」という項目に検索ボリュームを調べたいキーワードを入力します。

ここでは「カフェ」という検索ボリュームを調べてみたいと思います。入力したら、他の部分は変更しないで大丈夫ですので、下の「候補を取得」をクリックします。

keyword-planner4

 

すると、このような棒グラフがある画面に移ります。続いて、画面中央らへんの「キーワード候補」というタブをクリックしてみてください。

keyword-planner5

 

まずは、棒グラフすぐ下の項目を見てみましょう。「カフェ」というキーワードは月間平均検索数が90500であることが分かります。

keyword-planner6

 

慣れていない方には、直感的に分かりにくいと思いますが、この90500という数字はかなり大きいです。

また、そのとなりの競合性という項目はありますが、これは広告の競合性なので無視して問題ありません。ライバルチェックとは関係ないです。

 

その下の欄には、「カフェ」というキーワードに関連した検索ボリュームの一覧が表示されています。

keyword-planner7

 

デフォルトでは、「関連性高い順」に並んでいますが、「月間平均検索ボリューム」という部分をクリックすると、検索ボリュームが多い順番に表示させることも可能です。

keyword-planner8

このように、検索ボリュームが多い順番に表示されました。「カフェ」というキーワードからの関連性は低くなってしまいますが、とにかく検索ボリュームが多いキーワードを探したいときは見やすくなりますね。

 

この中だったら僕は「東京 カフェ」という2語の複合キーワードに注目します。検索ボリュームが2語で6600で大きいからです。続いて、「東京 カフェ」の検索ボリュームを調べてみます。

keyword-planner11

このように、3語の複合キーワードが表示されるので、検索ボリュームが大きいものを選んでライバルチェックを行っていくという流れです。

この中だったら、「東京 おしゃれ カフェ」「東京 カフェ おすすめ」などがよさそうですね。

 

検索ボリュームをチェックするときに注意する点

注意してほしいのが、棒グラフから分かる通り、「カフェ」という言葉は年中検索され続けているキーワードということになります。その月間の平均検索数が90500なのです。

一方で、「クリスマス」というキーワードを調べてみます。

keyword-planner9

先ほどとグラフが全然違いますね。12月に集中して検索されていることが分かります。それに対し、他の月ではほとんど検索されていないことが読み取れます。

 

月間平均検索ボリュームはここ12か月間の月間平均なので、ほとんど検索されていない月の検索ボリュームも含まれてしまっています。

つまり、年中検索されるキーワードの「カフェ」と12月にしか検索されないキーワードの「クリスマス」は単純に月間平均検索ボリュームで比べることができないのです。

 

このように、「クリスマス」は12月に4,090,000回も検索されているのです。

keyword-planner10

 

なので、検索ボリュームを調べるときは、そのキーワードは年中検索されるのか、それとも一時期にしか検索されないのか、ということについて意識してみてください。

一時期にしか検索されないキーワードは、一見検索ボリュームが少なく見えても、ある月に大量の検索数が集中していることがあります。

 

まとめ

検索ボリュームを調べるために必須なツールのキーワードプランナーについて紹介しました。キーワード選定をするときに、検索ボリュームを調べることはとても大切です。

ぜひ、今回説明したキーワードプランナーを使いこなせるようにしましょうね!もし検索ボリュームのチェックについて分からないところがあったら、ご相談に乗りますので、気軽にご連絡ください!

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ