アドセンスのインプレッション収益とは?目安はどのくらい?

羊の群れ

Googleアドセンスの収益レポートっていろいろな専門用語が羅列していて分かりにくいですよね。

そんな中でも、気になる人が多いのが「インプレッション収益」という言葉です。

 

インプレッション収益の項目をしっかりとチェックしておくことにより、PV数に対する収益の最大化を行うことができます。

そこで、今回はインプレッション収益とはいったいなんなのか、目安はどのくらいなのかということについて紹介していきます。

 

インプレッション収益とは?

Googleアドセンスの公式ヘルプには以下のように記述してあります。

インプレッション収益(RPM)は、表示回数 1,000 回あたりの見積もり収益額を表します。インプレッション収益は実際の収益額ではありません。見積もり収益額をページビュー数、表示回数、またはクエリ数で割り、1,000 を掛けた値です。

インプレッション収益(RPM)|AdSenseヘルプ

つまり、インプレッション収益とは、1000PV当たりどのくらいの収益が発生するかという値なのです。

 

具体例をあげると、、、

CTR(クリック率)が1%、CPC(クリック単価)が30円の場合は、インプレッション収益は300円となります。

また、PV数が100のときの見積収益額が30円の場合、インプレッション収益は300円となります。

 

このように、インプレッション収益は1000PVのときどのくらいの収益があるかを表す指標となるのです。

 

インプレッション収益が低い原因

それでは、インプレッション収益はどのように分析していけばいいのでしょうか。

インプレッション収益は1000PVあたりの収益額なので、できるだけ高いほうがPV数に対する収益額が多いということになります。

 

つまり、インプレッション収益を上げるためには、クリック率とクリック単価を改善すればいいのです。

クリック単価は、アドセンスが表示されているページのジャンルおよびユーザーの興味に沿った広告が自動的に表示されるようになっているので、自分自身で単価を操作するのは少し難しいです。

一方、クリック率は、『Googleアドセンスのクリック率を上げる4つの方法』で詳しくお伝えしていますが、自分自身で改善することもできます。

 

インプレッション収益を上げる方法としては、上記のようにクリック率を改善することが重要です。

なので、アドセンスのクリック率が低いから、インプレッション収益も低くなってしまうということが考えられます。

インプレッション収益が低い原因としては、

  • ブログのデザイン性
  • スマートプライシング
  • 企業の決算月との関係性
  • 記事の文字数との関係性

があげられます。

これらの詳しい説明や改善方法は、以下の記事で詳しくお伝えしているのでぜひご覧ください。

アドセンスのクリック率と単価が低下してしまう4つの原因

 

インプレッション収益の目安

平均的なインプレッション収益は200円から300円と言われています。

僕の特化型ブログの場合は450円から550円ほどで推移していますので、上記の記事を参考にしてクリック率を改善すれば、インプレッション収益は400円を超すこともできます。

 

また、あるひとつのジャンルに特化した特化型ブログの場合は、ユーザーに興味のある広告が表示されやすいこともあり、クリック単価、クリック率が良いという傾向もあります。

インプレッション収益が200円以下の場合は改善の余地がありますので、ぜひクリック率の改善を行いましょう。

 

まとめ

アドセンスのレポ―ト画面で表示されるインプレッション収益とは、1000PV当たりの見積収益額を表わす指標です。

インプレッション収益が高いほど、PV数に対して効率的にアドセンス収入を得ることができるのです。

 

アドセンスでマネタイズしていくうえで、PVを増やすのがもっとも重要であることは確かですが、インプレッション収益まで気を配れるようになると、より効果的に収入の拡大を行うことができるのです。

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ