Google Search Consoleへxmlサイトマップを作成し登録する方法

がれき

Google XML SitemapsというWordPressプラグインを使うことにより、Google Search Console(旧Googleウェブマスターツール)にXMLサイトマップというものを送ることができます。

XMLサイトマップを送ることにより、検索結果に表示されるインデックス速度を向上させることができます。

少し難しい表現になってしまいましたが、投稿した記事が検索結果に表示されのを早くする作業を行っていこう、ということです。

それでは、実際に設定していく方法を見ていきましょう。

 

XMLサイトマップの作成・登録

まずは、以下の記事にしたがって、プラグイン「Google XML Sitemaps」をインストール、有効化していきましょう。

WordPressプラグインを簡単にインストールする方法

 

有効化することができたら、Google Search Consoleの公式サイトであなたのブログを登録していきます。

Google Search Console公式サイト

すると、このような画面に移りますね。赤枠で囲った部分にあなたのブログのトップページのURLを入力しましょう。入力することができたら、横にある「プロパティを追加」をクリックします。

Google XML Sitemaps4

 

この画面では、先ほど入力したブログのURLが本当にあなたのブログなのか、ということをGoogleに確認させます。

Google XML Sitemaps5

この方法はいくつかありますが、一番簡単な方法はFTPソフトに「HTML 確認ファイル」というものをアップロードする方法です。

このファイルをアップロードしておけば、Googleのクローラーはブログの所有権を自動的に確認してくれるのです。

FTPソフトを持っていない方や使い方がよく分からない方はこちらの記事を参考にしてください。

FileZilla(ファイルジラ)のダウンロードから設定方法まで!

 

それでは、「この HTML 確認ファイル」という部分をクリックしてみてください。ファイルのダウンロードが開始されるはずです。

Google XML Sitemaps6

 

そしたら、先ほどのFTPソフトであるFileZillaを起動します。

サーバーに接続したら、右側にあなたが使用しているドメインが表示されるはずです。(エックスサーバーの場合)

FileZilla8

Search Consoleに登録したいドメインをクリックしましょう。

すると、いろいろなフォルダが表示されますが、「public_html」というフォルダをクリックします。

FileZilla9

そして、このフォルダの中に先ほどダウンロードした「確認ファイル」をそのままドラッグ&ドロップしましょう。

これで、確認ファイルがアップロードされたので、FileZillaは終了して大丈夫です。

 

続いて、先ほどのSearch Consoleの画面に戻り、以下の画像の赤枠で囲っている部分をクリックして、正常に確認ファイルをアップロードできたか確認します。

Google XML Sitemaps7

 

このような表示があらわれたら、正しくアップロードされています。

Google XML Sitemaps8

サイトの所有権の確認は1か月おきぐらいで定期的に行われるので、確認ファイルはアップロードしたままにしておきましょうね。

そして、先ほどの画面で「確認」をクリックしましょう。

Google XML Sitemaps9

このような表示がでます。「続行」をクリックしましょう。

Google XML Sitemaps10

 

続いて、「サイトマップ」という部分をクリックします。

Google XML Sitemaps11

 

右側にある「サイトマップの追加/テスト」という赤いボタンをクリックしましょう。

Google XML Sitemaps12

 

この画像のように、空欄に「sitemap.xml」と入力します。そして、「サイトマップを送信」をクリックしましょう。

Google XML Sitemaps13

 

「サイトマップを送信しました。」と表示されるので、その横の「ページを更新する。」をクリックします。

Google XML Sitemaps14

 

このように、サイトマップが送信されました。登録直後は、データが反映されていないので、「送信」や「インデックスに登録済み」の項目は空欄だったり、「保留」と表示されているはずです。

Google XML Sitemaps15

この反映はけっこう時間がかかり、僕の場合は1週間ぐらいかかりました。なので、なにも表示されていなくても心配しないでくださいね。

これで、Google search Console にXMLサイトマップを送る作業は終了しました。

 

サイトマップは自動的に送られるので、記事投稿時になにか作業する必要はありません。もし、しっかり通知されているか確認したかったら、WordPress管理画面の設定から「XML-Sitemap」をクリックします。

Google XML Sitemaps1

 

最初の段階では、「検索エンジンはまだ通知されていません。」と表示されていると思います。

Google XML Sitemaps2

 

赤枠で囲ってある「your sitemap」という部分をクリックすると、変更が通知されます。

Google XML Sitemaps3

 

まとめ

このようなサイトマップを送信する作業はブログを立ち上げたら、必ず行っておきましょう。

また、今回使用したGoogle Search Console(旧Googleウェブマスターツール)は、あなたのブログを最適化するのにとても役立ちます。

もし、ブログが正常にクロールされなくなった場合は、このGoogle Search Consoleにエラーのメッセージが届きます。また、手動ペナルティのメッセージなどもこちらに届くので注意しましょう。

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ