就職に向いている人と向いていない人の決定的な違いとは?

飛び跳ねる女の人

日本の現代社会では、高校あるいは大学や大学院を卒業したら企業に就職するのが当たり前となっていますね。

しかし、就職活動中もしくはこれから就職を控えている人の中には『なんか私って就職に向いていないかも…』と感じてしまう方も少なくないはずです。

そこで、ここでは就職に向いている人と向いていない人の違いについて紹介していきます。

 

就職に向いている人の要素

就職に向いている人に当てはまる要素として主に以下の2つがあげられます。

  • 協調性がある
  • 与えられた事を実直に行える

 

協調性がある

会社という組織の中で生き抜いていくためには、協調性が必要になります。

大きな組織でも小さな組織でも、会社員として働いていく場合はできるだけ周囲の人と足並みをそろえて行動していかなければなりません。

 

協調性がある人は、社交性が豊富であったり、世渡り上手と言われたりすることが多いです。

自分自身に協調性があるかどうかは学生の頃の行動を思い返せば、判断できるはずです。

例えば、サークル活動によく参加していて、同じ学年の人だけではなく先輩からも後輩からもよく好かれていた方は、少なからず協調性があるはずです。

 

協調性がある人は、周囲の人から好かれる傾向にあるので、友達が多い、仲間が多いという方は協調性がある方です。特に、ひとりで行動するよりも、仲間と一緒に行動したいと思う方は、就職してもうまくやっていけるはずですよ。

 

与えられた事を実直に行える

会社に入ったら、上司がいて、あなたに仕事を与えます。その仕事に疑問を持たず、実直に取り組めるかどうかも就職に向いているかどうか見分けるのに大きなポイントになります。

この「与えられた事に実直に取り組める方」は高学歴の方に多い傾向があります。というのも、高学歴の方は学校から与えられたことを、地道に実践し、努力してきた方が多いからです。

 

もちろん、自分自身の頭で考えて行動することも会社員として重要なことですが、まずは与えられたことを素直に行えることがとても重要になるのです。

 

就職に向いていない人の要素

ジャンプしている人たち

就職に向いていない人に当てはまる要素として主に以下の3つがあげられます。

  • 自分の夢を持っている
  • 自由を求めている
  • ひとりで行動するのが好き

 

自分の夢を持っている

自分が人生の中でやりたいことや将来の夢を持っている人は、就職に向いているとは言えないかもしれません。

もちろん、自分の夢を持っている人でも、何かを学ぶために就職するというケースも多いですが、生涯雇われて生きていこうと考えている人は少ないのです。

 

ただ、『いつから独立して…』と考えている人も、家族ができて守るべきものが増えていくと、結局自分の夢を追う勇気がなくなっていくことも多いです。

なので、本当に自分がやりたいことを持っている方は、できるだけ早く行動にうつすようにしましょう。

 

自由を求めている

会社に就職すると、毎日決まった時間に起き、決まった服装をして、同じ電車に乗り…という制限された生活をおくることになります。

『好きなことをして、好きな場所に行き、好きな髪型をして、好きな時間に寝たい!』と自由を求めている人は、就職に向いていません。

 

というか、多くの人がこのような自由を求めているはずです。ただ、「周りの人がみんな就職するから」という環境に流されて、多くの人が就職という道を選ぶのです。

このような環境に逆らって、就職しないという道を選ぶ勇気を持つ人は、自由な人生を歩むことができることが多いです。

 

ひとりで行動するのが好き

ひとりでゆっくり食事をするのが好きだったり、ひとり旅に出かけるのが好きな方は、就職に向いていない場合が多いです。

このようにひとりで行動することが多い人は、他人に依存することなく自分の力で生きていく意識を持っている方が多いのです。

一見、このような人は社会不適合者のように思われがちですが、起業家には昔からひとりで行動していた方が多いのです。

参考:社会不適合者は就職せずに仕事をする生き方がイイ!

 

就職したくない人は就職しなくてもいい時代になってきている

パソコンする男の人

就職しないという道を選んだ場合、多くの方がつまづくポイントはやはり「お金」です。

一歩間違えると、就職しないという道はフリーターやニートのようになってしまうのではないかと恐れる方も多いはずです。

 

しかし、インターネットという環境が整備されている現在の日本の社会では、会社の給料に依存せず、個人の力でお金を稼いでいくことは意外に簡単です。

高度経済成長期の日本は、「会社に死に物狂いで貢献することが美徳」とされていました。しかし、最近では「ブラック企業」という言葉が登場するようになり、「企業戦士」や「モーレツ社員」という言葉は死語になっていますね。

 

このような言葉の変化こそ、日本人の思考の変化を象徴しているのではないでしょうか。

多くの人が就職して会社員としての人生を歩むことに疑問を感じはじめているのです。

ネット市場が発展している現在の生きているということは、とても幸運なことです。10年前には、ネット起業など考える人はまずいませんでしたが、今ではとても多くの人がこぞって、インターネットを活用して起業しているのです。

 

『就職に向ていないんじゃないか…』と感じる方は、ぜひネットを活用して、自分の力で生きていく術にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

就職に向いている人と向いていない人の違いについてお伝えしました。

性格によって、会社員としてうまくやっていけるかどうかが分かれるということがお分かりいただけたと思います。

後半では、「ネットで稼ぐ」ということについても紹介しましたが、もちろん会社員を続けながら、副業としてネットビジネスを行うという手もあります。

ネットビジネスの始め方については、僕のメルマガで一から詳しく紹介していますので、興味がありましたらご登録お願いします。

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ