インデックス速度高速化ツールのFetch as Googleとは?

腕時計

Google Search Console(旧Googleウェブマスターツール)の「Fetch as Google」という機能を使えば、投稿したブログ記事を瞬時にインデックスさせることができます。

特に、開設初期のブログの場合、インデックスされる速度はかなり遅く、なかなか検索結果に表示されない煩わしさを感じてしまいます。

 

そのようなときに、Fetch as Googleを使うことによって、すぐにインデックスさせることができるのでとても重宝するツールとなります。

僕自身も、記事を投稿した後は毎回このFetch as Googleを使って、記事をインデックスさせています。

また、意外と知られていませんが、Fetch as Googleはペナルティ対策に使えるツールでもあります。

この点についても紹介していきますので、ぜひ参考にしてください!

 

Fetch as Googleの使い方

Google Search Consoleへの登録

Fetch as Googleを使うにはまず、Google Search Consoleに登録しなければなりません。

Google Search Consoleは以前は、Googleウェブマスターツールという名称でしたが、最近変わりました。

 

Google Search Consoleへの登録の方法はこちらで分かりやすくお伝えしているので、ご覧ください。

Google Search Consoleへxmlサイトマップを作成し登録する方法

Google Search Consoleは、Fetch as Googleを使う、使わないに限らず、WordPressを使ってブログを運営していく場合は、必ず必要となるので、まだ登録していない方はぜひ登録しておきましょう!

 

Fetch as Googleでインデックス速度を高速化する方法

まず、Google Search Consoleのダッシュボードにアクセスします。

そして、左側のサイドメニューから「クロール」を開き、「Fetch as Google」をクリックします。

Fetch as Google

 

そして、インデックスさせたい記事のURL(パーマリンク)を空欄の部分に入力します。

Fetch as Google

例えば、http://affili-me.com/live-meanというURLの記事をインデックスさせたい場合は、空欄に『live-mean』と入力し、「取得」をクリックします。

 

これが完了すると、下の一覧に今追加したパスのステータスが「完了」となっているはずです。そして、「インデックスに送信」をクリックします。

Fetch as Google

 

すると、以下のように「送信方法の選択」という画面が出てきます。

Fetch as Google

投稿した記事のみをクロールしてもらえればいいので、「このURLのみをクロールする」にチェックをいれて、「送信」をクリックします。

 

このように、「インデックスに送信されたURL」と表示されれば、無事、ページをクロールしてもらうことができています。

Fetch as Google

 

ただし、Fetch as Googleを使えば100%即インデックスされるとは限らないので注意してください。

たまに、1日後ぐらいにインデックスされることもあります。このようなこともあるので、もしすぐにインデックスされなくても不安にならないで大丈夫です!

 

ちなみに、インデックスされたかどうか確認するときは、Googleの検索エンジンで「site:(記事のURL)」と検索したら分かります。今回の例でいくと、「site:http://affili-me.com/live-mean」ですね。

もしインデックスされていたら、その記事が表示されて、インデックスされていない場合は、検索にヒットしません。

 

Fetch as Googleの回数制限について

Fetch as Googleには回数制限が存在します。

  • 1つの投稿ページのみ:1ヶ月間で500回まで
  • 投稿ページとそれにリンクしているすべてのページ:1ヶ月間で10回まで

先ほど、「このURLのみをクロールする」にチェックを入れて、送信するようにお伝えしましたが、この場合は、1ヶ月間で500回まで使えるということです。

さすがに1ヶ月間で500記事投稿することはないと思うので、Fetch as Googleの回数制限については、気にする必要はないでしょう。

 

Fetch as Googleでペナルティ対策?!

実は、Fetch as GoogleはGoogleペナルティ対策にも効果的です。

例えば、投稿した記事が投稿直後にはてなブックマークによって一気にシェアされたとします。

つまり、投稿した記事がインデックスされる前にはてなブックマークで大きくシェアされてしまったのです。

普通であれば、これは喜ばしいことですが、このようなことが何回も起こると、ペナルティの対象になってしまうので注意してください。

 

なぜかというと、はてなブックマークでシェアされた後に、元となっている記事がインデックスされてしまうと、その記事がはてなブックマークのコピーコンテンツと判断されてしまうことがあるのです。

つまり、オリジナルの記事がコピーコンテンツと判断されてしまうのです。

こうなると、検索結果でもシェアされたはてなブックマークの方がオリジナルの記事より上位表示するという現象が起こります。

 

このような、思わぬペナルティを避けるためにもFetch as Googleを使うことを習慣化することをおすすめします。

Fetch as Googleを使えば、基本的に即インデックスされるので、SNSなどで大きくシェアされた場合であっても、上記のようなことが原因でペナルティを受けることはありません。

 

まとめ

投稿した記事を即インデックスさせるFetch as Googleの使い方を紹介しました。

記事投稿のときの毎回の作業が増えて、少し面倒に感じるかもしれませんが、Fetch as Googleは必ず使っておくことをおすすめします。

 

僕が運営している特化型ブログは現在、1日9万PV以上ありますが、記事投稿をするときは必ずFetch as Googleを使ってインデックスさせています。

ぜひFetch as Googleを使うことを習慣化してみてください!

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ