EWWW Image Optimizerの使い方!画像の容量を減らすプラグイン

「文字だけが辞書のようにビッシリとつまっている記事」と「画像がところどころにあり、雑誌のように読める記事」 あなたはどちらが魅力的な記事だと思いますか?

多くの方が、後者の画像を使った記事の方を選ぶと思います。それだけ、記事中に画像を挿入して見栄をよくすることは大切なんですね。

 

そして、画像をどんどん追加していくと、画像ファイルは容量が大きいので、表示スピードが低下してしまい、逆にユーザビリティが低下してしまいます。

そんな悩みを解決してくれるのが、今回紹介する「EWWW Image Optimizer」というWordPressプラグインです。

 

EWWW Image Optimizerは、画像を自動的に圧縮してくれて、サイトの表示速度を早くしてくれるというメリットがあるのです。

WordPressブログの運営者には必須のプラグインですね。それでは、実際にEWWW Image Optimizerの設定方法と使い方について紹介していきます!

設定方法

まずは、以下の手順にしたがってEWWW Image Optimizerをインストール、有効化していきましょう。

WordPressプラグインを簡単にインストールする方法

(wpxサーバーを使用している方は、有効化したらエラーが表示され、利用することができませんので注意してください。)

 

有効化することができたら、画像を圧縮する設定を行っていきます。サイドメニューの「設定」から「EWWW Image Optimizer」をクリックしましょう。

EWWW Image Optimizer1

 

このような設定画面にうつります。

EWWW Image Optimizer2

EWWW Image Optimizerの設定は、

  • Cloud Settings
  • Basic Settings
  • Advanced Settings
  • Conversion Settings

の4種類に分かれています。

全て英語で書かれていて難しそうと思うかもしれませんが、変更する部分は少しなので安心してください。

それでは、それぞれの設定について解説していきます。

 

Cloud Settings

この設定は、有料オプションになります。

サーバーのセキュリティなどの設定ができるのですが、ふつうにブログを運営していく場合は全く使用する必要がないので、無視しておきましょう。

 

Basic Settings

ここでは、「Remove metadata」という項目だけにチェックを入れましょう。

EWWW Image Optimizer3

この部分にチェックを入れることにより、画像ファイルについている必要のないテキストファイルなどを自動的に削除してくれます。

これによって、より画像ファイルのサイズを小さくすることができるのです。

 

Advanced Settings

ここは、上級者向けの設定になります。とてもたくさんの設定項目がありますが、チェックを入れていただきたいのは、「disable pngout」という項目だけです。

EWWW Image Optimizer4

pngoutを無効化にしないと、どうしても面倒な作業が増えてしまいます。特別な知識を持っていない場合は、「disable pngout」にチェックを入れて、pngを無効化しておきましょう。

ここにチェックを入れても、画像の圧縮率はほとんど変わらないので安心してください!

 

Conversion Settings

ここでは、「Hide Conversion Links」という項目だけにチェックを入れておきましょう。

EWWW Image Optimizer5

EWWW Image Optimizerには最初から、画像の拡張子を適切なものに変更するという機能があります。例えば、png を jpg に自動的に変換するといった感じです。

しかし、このように拡張子が変換されてしまうことにより、画質が悪くなってしまったり、画像の数が余分に増えてしまったりというデメリットがあります。

なので、この機能を停止するために、「Hide Conversion Links」にチェックを入れておきましょう。

 

以上、紹介した3つの項目にチェックを入れることができたら、左下の「Save Changes」をクリックして、設定を完了させましょう。

 

使い方

初期設定をすることができたら、実際に画像を圧縮してみましょう。とはいっても、これから追加する画像は自動的に圧縮されるので安心してください。

ただ、EWWW Image Optimizerは他にも優れた機能がありまして、、、

  • 過去にアップロードした画像も圧縮してくれる
  • テンプレートにもともと組み込まれている画像も圧縮してくれる

と、ありとあらゆる画像を圧縮してくれるんですね。

以下では、この2種類の機能の使い方について解説していきます!

 

過去にアップロードした画像の圧縮

サイドメニューの「メディア」から「Bulk Optimize」をクリックしましょう。

EWWW Image Optimizer6

 

そして、「Optimize Media Library」という項目の「Start optimizing」というボタンをクリックします。

EWWW Image Optimizer7

 

こんな感じで過去にアップロード済みの画像が圧縮されていくのが分かりますね。

EWWW Image Optimizer8

 

テンプレートに組み込まれた画像の圧縮

続いて、使用しているWordPressテーマに組み込まれている画像を圧縮していきます。

テーマには意外とさまざまな画像が組み込まれているので、これを圧縮することによりサイト表示速度を改善させることができます。

 

先ほどと同様に、サイドメニューの「メディア」から「Bulk Optimize」をクリックしましょう。

そして、「Optimize Everything Else」という部分の「scan and optimize」をクリックします。

EWWW Image Optimizer9

 

このような感じで画像の圧縮が行われます。今回は110個もの画像の圧縮が行われたことが分かりますね。

EWWW Image Optimizer10

 

まとめ

EWWW Image Optimizerを使って、WordPressの画像を圧縮する方法を紹介しました。画像ファイルはサイズが大きいので、圧縮しておくことによりかなりサイト表示速度に良い影響を与えます。

また、サイト表示速度が遅いとSEO的にもよくないので、ぜひ圧縮しておきたいですね。

 

ただ、先ほども紹介しましたが、wpxサーバーの場合はエラーが出て、使用することができません。僕の特化型ブログの方はwpxサーバーを使用しているので、このプラグインが使えないんですよね;;

だから、毎回手動で圧縮してから画像をアップロードしています。エックスサーバーなどを使用している場合は、必須のプラグインとなりますので、ぜひ設定しておきましょう!

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ