ブログ記事の最適な文字数は?SEOの観点から考察してみた

パソコンとノート

『ブログの記事は何文字ぐらい書くべきですか?』といった質問をよく受けます。

記事を書いていて一番困ることは、「文字数が足りない!」ということではないでしょうか?

 

文章って慣れていないと長文を書くのはなかなか難しいですよね。

さらにネット上では「500文字書けばOK!」とも書かれているし、「3000文字ぐらい書いたほうがいいよ!」とも書かれているので、どのくらいの文字数を書けば適切なのかも分かりにくいですよね。

そこで、今回は僕がおすすめするブログ記事の文字数についてお伝えしていきたいと思います。

 

SEOを意識した最適な文字数

結論から言うと、SEOを意識する場合、1記事当たりの文字数は長ければ長いほどいいです。1000字の記事よりも2000文字の記事の方がいいですし、2000文字の記事よりも3000文字の記事の方がいいです。

現在はコンテンツSEOの時代と言われていて、「ユーザーにとって有益なコンテンツかどうか」がSEOでとても重要視されています。

つまり、ユーザーにとって役立つ記事であればあるほど検索結果で上位表示されやすくなるのです。

 

そこでGoogleがどのようにして「ユーザーにとって有益かどうか」を機械的に見極めているのかというと、記事の情報量が多いかどうかが重要視されているはずです。

しかし、「情報量」という抽象的な要素ではアルゴリズムを使って検索順位を操作することは極めて難しいです。

そこで、その代わりに記事内容にマッチしている語彙の組み合わせ数がとても重要視されていると思われます。

 

「文字数の多さ」で「情報量の多さ」を判断してしまうと、ただ中身のない文章で文字数を稼げば、上位表示できてしまうということになってしまいます。

これではいけませんので、「文字数の多さ」ではなく「記事内容にマッチしている語彙の組み合わせ数」で情報量を判別しているのです。

このような語彙の組み合わせ数が多ければ、その分多くの情報をユーザーに伝えていると判断できますよね。

 

そして語彙の組み合わせ数が多いということは、文字数が多いということの必要条件となります。

文字数が多くなければ、語彙の組み合わせ数も多くならないですよね。

なので、結果的に文字数の多さがSEOに重要となってくるのです。

ただ、先ほどもお伝えしたように、中身のない文章がダラダラと書いてあるような場合は「記事内容にマッチしている語彙の組み合わせ数」が増えませんので、SEOに悪影響を及ぼします。

 

以上のようなことが理由で、文字数が多ければ多いほど検索結果で上位表示されやすくなるのです。

もちろんSEOは、文字数だけで左右されるのではなく、他にもさまざまな要因で変動します。

ただ、文字数が少ないより多い方がSEO効果が得られるのは事実です。

このブログでもふつうの記事だったら基本的に4000文字を目安にして作成しています。4000文字も書くのは手間がかかりますが、その分SEO効果が得られるのです。

 

しかし、「ユーザーにとって有益な記事」=「文字数が多い記事」という式が成り立つのは少し違和感がありますよね。特に、スマートフォンで閲覧するときは、長文の記事を最後まで読み切るのはかなりストレスを感じると思います。

ただ、現在の検索アルゴリズムが「記事内容にマッチしている語彙の組み合わせ数」を重視して「ユーザーにとって有益な記事」を判断しているので従うしかありません。

 

もし将来、検索アルゴリズムが大きく変更したら「ユーザーにとって有益な記事」=「文字数が多い記事」という式が成り立たなく可能性もあります。

たとえば、現在のクローラーは画像の内容までは読み取ることができないです。

しかし将来、alt属性ではなく、画像が何を表しているのかクローラーが読み取ることができるようになれば、画像を使って分かりやすく図式しているような記事が上位表示されやすくなるってことが起きるかもしれません。

ただ、現時点ではテキストの量がSEOにとても重要となっているのです。

 

アドセンスブログの最適な文字数

パソコンを見る人

文字数が多ければ多いほど記事が上位表示されやすくなるとお伝えしました。ただ、アドセンスブログの場合はむやみやたらと文字数を増やすことはおすすめできません。

アドセンスブログの最適な文字数は、経験上1500~2000字ぐらいが目安かなと思います。

 

もちろん、文字をたくさん書くことができれば、滞在時間の向上などによりブログの評価も高くなります。なので、4000文字以上の長文を書けるなら書いたほうがいいです。

ただアドセンスブログの場合はたくさんの記事を投稿して、多くのアクセスを集めていくことになりますので、1記事1記事にたくさんの労力をつぎ込むのは賢明ではないですよね。

また、「手間がかかる」といった理由以外にもアドセンスブログで超長文の記事をあまり書くべきではない理由がありますので、その点についてもお伝えしていきます。

 

Googleアドセンスとは?

ブログを使ってお金を稼ぐ最も簡単かつ手っ取り早い方法は、広告収入です。あなたのブログにインターネット広告を掲載して、報酬を得ていくスタイルとなります。

インターネット広告にもさまざまな種類がありますが、最も有名なのはGoogleアドセンスというGoogleが提供しているネット広告です。

参考:今さら人には聞けないアドセンス広告で稼げる仕組み!

アドセンスは、クリック報酬型広告といってブログに訪れたユーザーがアドセンスをクリックしてくれるだけで1クリックあたり平均30円ほどの報酬が手に入るのです。

 

アドセンスブログで超長文を書くべきでない理由

アドセンスがクリック報酬型広告であることとアドセンス広告は1記事につき3個までと決められていることを考えれば、文字数が多すぎる記事を頻繁に書くべきでない理由が分かります。

つまり、記事が長すぎるとアドセンスのクリック率が低下してしまうのです。

 

あなたのブログにどれだけアクセスが集まろうとも、アドセンスがクリックされなければ報酬を手に入れることはできません。

なのでもしアドセンスメインでマネタイズしているのならば、ユーザーが途中で離脱してしまうような記事を書くべきではないのです。

 

もちろん面白い記事を書けて、ユーザーが最後までじっくりと読んでくれるような記事を書けるのなら4000字、5000字の記事を書いても問題ありません。

しかし、アドセンスブログの場合はトレンドアフィリエイトや僕がおすすめしている特化型ブログを実践している方が多いはずです。

なので記事ネタは自分がそこまで詳しくない内容のことも多いので、面白い長文の記事を書くというのはなかなか難しいんですね。

 

このような理由でアドセンスのクリック率の低下を防ぎ、かつコンテンツSEOを考慮すると1500~2000字ぐらいがベストになるのです。

繰り返しになりますが、絶対にこの文字数に収めなければならないというわけではありません。

これ以上書けるなら、書いた方がいいです。しかし、無理して文字数を増やすためにダラダラと文章を続けるぐらいなら上記の文字数に収める方が収入が上がります。

 

まとめると、アドセンスブログの場合は、ユーザーが欲している情報をピンポイントにお伝えできるように心がけていくといいですね!

 

記事の書き方についてはこちらの記事で詳しく解説しています。文章を書くのがかなり簡単になると思いますのでぜひ参考にしてください!

特化型ブログの記事の書き方!簡単に書ける5ステップ

ブログ初心者がおさえておくべき見やすい記事の書き方!

ブログ初心者必見!アクセスが10倍に増える記事の書き方

 

文字数を増やす方法

ノートに文字を書く

アドセンスブログの適切な文字数は1500~2000字とお伝えしましたが、「1500字も書くのはつらい!」と感じる方も多いと思います。

もし厳しいようでしたら1200字程度でも問題ありませんが、今後のSEOの動向を考えるとできれば1500字は欲しいところです。

 

そこで、ここからは文字数を増やすコツについてお伝えしていきたいと思います。先ほどもお伝えしたように、文字数はダラダラと文章を長くして増やせばいいというものではありません。

しっかりとユーザーが欲しい情報を伝える文章を書く必要があるのです。

 

Q&Aサイトを参考にする

Q&Aサイトというのは、

  • Yahoo!知恵袋
  • 教えて!goo
  • 発言小町

などがあげられます。

このようなQ&Aサイトでは、ユーザーの悩みを直に知ることができます。ふつうのブログやサイトは運営者が一方的に情報を発信していることが多いはずです。

しかし、Q&Aサイトではユーザーが疑問に思っていること、知りたいと思っていることを直接知ることができるのです。

 

ブログで書く情報はユーザーの悩みを解決できるよう内容にするべきです。

Q&Aサイトで記事内容に関連する質問を見ることで、そのユーザーに対する回答をブログに書くようなイメージで記事を書いていくと文字数も自然と増えていくはずです。

 

紙媒体を参考にする

ブログ記事を書くときに参考にするのは、他のサイトやブログが多いはずです。もし記事を書いていて、「文字数が足りない!」と感じたら、紙媒体を参考にしてみてはいかがでしょうか。

紙媒体というのは、その記事内容に関連する本や雑誌などです。

 

多くのブログ運営者は、ネット上に転がっている情報を元に記事作成をしているはずですので、このような紙媒体を参考にすることにより、他のブログと記事内容を差別化できるうえに、文字数も増やすことができます。

特に、あるジャンルに特化したブログ(特化型ブログ)を運営している場合は、そのジャンルに関する書籍などを1冊ぐらい手元に置いておくと便利かなと思います。

参考:特化型ブログの作り方!初心者が稼げるまでの手順とやり方を解説

 

まとめ

今回はブログ記事の文字数に関してお話ししました。

SEOの観点から考えると、文字数は多ければ多いほどいいです。ただ、アドセンスのクリック率などを考慮に入れると、1500~2000文字が適切かなと感じます。

 

ただこのブログのように広告収入を得ていない情報発信ブログの場合は、できるだけ長く濃い情報が載っている記事を作れるように心がけるといいですね。

自分が好きな内容、得意な内容だと慣れればスラスラ4000字ぐらい書くことができるはずです。

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ