特化型ブログ32ヶ月目の実践記。ショート・ミドル・ロングレンジキーワードの選定

特化型ブログの32ヶ月目(2年8ヶ月目)のアクセス数などについてお伝えしていきます

 

特化型ブログのアクセス数

アクセス数

アクセス数:約月間516万PV

広告収益額:約256万円

アクセス数は前月に比べて減少しましたが、広告収益額はほとんど変わりませんでした。

 

ショート・ミドル・ロングレンジキーワードの選定について

ブログにアクセスを集めるにはキーワード選定がとても大切であり、そのキーワードは大きく分けて、ショートレンジ、ミドルレンジ、ロングレンジのキーワードに分類することができます。

この分類方法はアクセスが多く集まる時期について分けた分類方法であり、以下のように整理することができます。

  • ショートレンジ:リアルタイムで話題になっていること
  • ミドルレンジ:ある一定の時期(季節)に話題になること
  • ロングレンジ:時期に関わらず通年でアクセスを集めること

それぞれについて簡単に解説していきます。

 

ショートレンジキーワード

ショートレンジはリアルタイムで話題になってることです。つまりニュース性のある記事やTV番組、イベントなどで話題になっていることです。

ショートレンジはその瞬間(1日〜1週間ほど)で大きくアクセスを集めることができますが、逆にその後は話題性はなくなるのでアクセスは集めることはできません。つまり瞬間的に多くのアクセスを集めることができますが長続きはしないのです。

 

ショートレンジは新しいキーワードであることが多い(またはすでに存在していたキーワードだけど、話題性はなかった)ので競合サイトも少なく狙ったキーワードでも上位を取りやすいです。しかし、当然その他競合サイトも同じことを考えているので、「いかに早く記事を書けるか」が重要になってきます。

例えば、1週間後に人気のあるTV番組が放送されることが分かっていたらその内容を公式HPなどで見たり場合によっては予想し、あらかじめ記事を書いておく必要があるのです。このようにショートレンジをヒットさせることは意外と難しく、僕がおすすめしている特化型ブログの戦略的には下記のミドルレンジとロングレンジを積み重ねていく方針がおすすめです。(もちろんショートレンジが狙えそうであればどんどん狙っていきましょう!)

 

ミドルレンジキーワード

ミドルレンジはある一定の時期や季節に話題になるキーワードです。ショートレンジと似ていると思われるかもしれませんが、ミドルレンジは「クリスマス」「海水浴」のように毎年必ずその時期に話題になることが分かっているキーワードになります。なので、ミドルレンジのキーワードはその瞬間だけでなく毎年その時期になればアクセスを集められるので資産となるキーワードになります。

下記のロングレンジよりは競合サイトは弱いので特にドメインパワーが弱い新規ブログが積極的に狙っていく戦略がおすすめです。ただし、ミドルレンジだけを狙うとブログを資産化させることは難しいのでロングレンジのキーワードもしっかりと書いていかなければなりません。

 

ロングレンジキーワード

ロングレンジキーワードは通年でアクセスを集め続けられることが可能なキーワードです。多くのキーワードはこのロングレンジキーワードに属していますが、競合サイトも比較的多くこのキーワードで上位を狙うことはなかなか難しいです。

特化型ブログでは最終的にはこのロングレンジキーワードで多くアクセスを集めることで全体のアクセス数を一年を通して安定させていくことを目標とします。しかし、競合サイトも強めになるので、前述したショートレンジとミドルレンジのキーワードもバランス良く狙っていき少しずつブログのアクセス数を集めていくことが大切になります。

ブログにアクセス数が集まってくるようになったらそれに比例してドメインパワーも強くなっていますので、そのレベルに達したらロングレンジキーワードだけを狙っていくといいでしょう。

 

キーワード選定について詳しくはこちらの記事を参考にしていください。少し昔に書いた記事ですが方法的には現在でもそのまま使えます。

真似てみて!特化型ブログのキーワード選定を超具体的に伝授

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ