特化型ブログ28ヶ月目の実践記。検索ボリュームとライバルチェックについて

特化型ブログの28ヶ月目(2年4ヶ月目)のアクセス数などについてお伝えしていきます。

また、記事にアクセスを集めるうえで非常に大切なキーワード選定(検索ボリュームと競合サイトのチェック)についても確認していきます。

 

特化型ブログのアクセス数

アクセス数

アクセス数:約月間646万PV

広告収益額:約313万円

アクセス数の関しては先月と同じくらいの水準を保つことができました。広告収益額については単価の減少により、先月と比較して若干減少してしまいました。

単価の変動は季節要因などで自分でコントロールすることが困難な要素なので、PV数や広告のサイズ、配置の最適化など自分で改善できる部分に注力していくことが大切になります。

 

検索ボリュームとライバルチェック

ブログにアクセス数を集めるためには、キーワード選定を丁寧に行なっていくことが非常に大切です。

特に、それぞれの記事で狙うキーワードの検索ボリュームとライバル(競合サイト)のチェックは必ず行うようにしましょう。

検索ボリュームのチェックはgoogleキーワードプランナーで行なっていきます。キーワードプランナーは200円ほど広告費を課金すれば具体的な数値が表示されますが、無課金でも大雑把な検索ボリュームを調べることが可能です。

参考:キーワードプランナーの使い方!検索ボリュームをチェック!

 

狙う複合キーワードを上記のキーワードプランナーで調べてみて最低でも月間100〜1000以上の検索ボリュームがあることを確認します。

逆にそのキーワードが月間100以下の検索ボリュームであれば検索需要が十分ではないので、そのようなキーワードを狙うことは避けていきます。

 

続いて、ライバルチェックについては実際にそのキーワードを検索していくことで競合サイトの強さを見極めていきます。

参考:真似てみて!特化型ブログのキーワード選定を超具体的に伝授

ライバルチェックはこのように定量的に判断することはできずに、実際に検索し、自分で定性的に判断していくのです。

つまり、このライバルチェックでうまくキーワード選定を行いアクセスを集められるかどうかが左右されることが多いです。

ライバルチェックは繰り返し行い自分の経験値をためていくことで次第にスキルアップしていきます。

 

記事を書くごとにこのような検索ボリュームのチェック→ライバルチェックのプロセスを行うのは少し面倒に感じるかもしれませんが、この面倒な作業をすることでアクセスをかなり集めやすくなります。

参考:特化型ブログの作り方!初心者が稼げるまでの手順とやり方を解説

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ