特化型ブログ26ヶ月目の実践記。おすすめのWordPressテンプレートを紹介

特化型ブログの26ヶ月目(2年2ヶ月目)のアクセス数などについてお伝えしていきます。

また、最近よく相談をいただくwordpressのテンプレートについてもお伝えしていきます。

 

特化型ブログのアクセス数

アクセス数

アクセス数:約月間626万PV

広告収益額:約313万円

 

アクセス数、広告収益額ともに先月と比較して大きく伸びました。特にアクセス数については過去最高の月間PV数を更新することができました。

先月はアルゴリズムの調整もあってアクセス数は少し落ち気味でしたが、今月は1日24万PVを越す日もあり大きくアクセス数を集められました。

 

WordPressのテンプレートについて

最近、これから本格的に特化型ブログに取り組もうとしている方から、どのテンプレートがおすすめかという相談をいただきます。無料、有料問わずたくさんのテンプレートが出回っているので迷ってしまうのは当然ですね。

そこで、ここで現時点で僕が最もおすすめしているテンプレートについてお伝えしていきます。

結論から言うと、無料テンプレートの場合はSimplicity、有料テンプレートの場合は賢威がおすすめです。

 

まず、初めてwordpressを使っていくとき多くの人は無料テンプレートを使うことになると思います。今となっては僕は有料の賢威を使用していますが、最初はSTINGERという無料のテンプレートを使用していました。

テンプレートを選ぶうえで僕が重要視するポイントは以下の2つです。

  • SEOに優れているか
  • シンプルか

 

テンプレートのSEO

SEOとは、簡単にいうと記事が検索結果のより上位に表示されるようにする取り組みのことです。

サイトにアクセスを集めるのに大切なことはやはり、適切なキーワード選定と良質な記事コンテンツになります。

しかし、テンプレートの内部SEOが優れていることもサイトのPV数に大きく影響を与えます。

 

テンプレートの内部SEOとは具体的には、

  • サイト構造のエラーがないか
  • クローラーに認識されやすいよう分かりやすくサイト構造化されているか
  • ページの表示スピードが早くなるように工夫されているか

などなど、技術的な面でさまざまなことがあげられます。

このようなテンプレートのSEOは実際にテンプレートの使用者が改善することは困難なので、最初からSEOに優れたテンプレートを使う必要があるのです。

 

テンプレートのデザイン

テンプレートの一番大きな違いといえば、デザインの違いです。むしろ、テンプレートはサイトのデザインを決めるために選ぶといっても過言ではありません。

デザインは個人の好みで選べばいいのですが、僕はできるだけシンプルなデザインのテンプレートが良いと思います。

なぜなら、デザインがシンプルなほどサイトの読者に記事コンテンツをしっかり読んでもらえるからです。

 

たしかに、シンプルすぎるとサイトのデザインが寂しく感じてしまうかもしれませんが、そこから自分である程度CSSをカスタマイズしてオリジナリティを出すことができます。

人気なテンプレートを選ぶとどのサイトを見ても似たようなデザイン、見たことあるようなデザインになってしまいがちですが、元々がシンプルなデザインであればそこから少しデザインをカスタマイズするだけでオリジナル性の高いテンプレートにすることができるのです。

 

おすすめのテンプレート

上記のポイントを押さえて、おすすめできるのが無料テンプレートのSimplicityと有料テンプレートの賢威になります。

予算にある程度の余裕がある場合や将来的に有料のテンプレートを買う予定がある場合は、最初から賢威を使用していくといいでしょう。

予算的に厳しい場合は、Simplicityを使っていくといいですね。

 

また、テンプレート(テーマ)をwordpressにインストールする方法はこちらの記事で紹介しているのでぜひ参考にしてください。

WordPressのテーマを簡単にインストールする方法

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ