特化型ブログ23ヶ月目の実践記!キュレーションサイトのPV下落による影響は?

僕が運営している特化型ブログの23ヶ月目(1年11ヶ月目)の実践記をお伝えしていきます。

また、今月はキュレーションサイトのPVにが下落する検索エンジンアルゴリズムのアップデートが行われました。このアルゴリズム情報に関して僕が持っている情報や僕の考え方も共有していきたいと思います。

 

特化型ブログのアクセス数

アクセス数

アクセス数:約月間530万PV

広告収益額:約290万円

今月は28日までしかないこともあり、月間アクセス数は先月と比べ減少しました。一方で、広告収益額は先月(2017年1月)よりも増加し、過去最高収益を達成することができました。

 

WELQアップデート?アルゴリズムの変更による特化型ブログへの影響を考察

去年の11月〜12月にかけてDeNAが運営するキュレーションサイト群の閉鎖を発端にさまざまなWEBメディアが記事の一部削除、あるいは全削除を行うという出来事がありました。

そのときの詳細や特化型ブログへの影響に関してはこちらの記事でお伝えしていますのでぜひご覧ください。

特化型ブログ21ヶ月目の実践記。キュレーションサイト閉鎖の影響は?

 

そして、おそらくこのような騒動を受けてGoogleは今月、日本独自の検索アルゴリズムのアップデートを行いました。

その結果、一部大手キュレーションサイト(有名どころだと旅行ジャンルのRETRIPなど)のPV数が大きく下落するという事態になりました。ネット上の情報だと、これらのキュレーションサイトは30〜60%のPV数下落が見られるようです。

 

また、このアルゴリズム変更はキュレーションサイトだけではなく個人のアフィリエイトサイト(アドセンスブログというよりもASP広告を載せているアフィリサイト)のアクセス数も全体的に下落しているようです。

そこで、今回のアップデートでアクセス数が下がったサイトと上がったサイトの特徴をまとめてみました。(あくまで僕の主観です。)

 

アクセス数が下がったサイトの特徴

  • 著作権的にアウトな画像をたくさん貼っているサイト
  • 文章を引用したりしているまとめサイト
  • 1記事あたりの文字数が異常に多く、ユーザーが記事中にどこか良い情報はないか探していることで滞在時間が増えているようなサイト(つまり、無駄に長文にしているサイト)

 

アクセス数が上がったサイトの特徴

  • 公式HP
  • 情報源が明確な信頼性の高いサイト
  • ユーザーが欲している情報を分かりやすく提供しているサイト(完読率が高い?)

 

つまり、今後はキュレーションサイトや資本を大量に投下して超長文記事をたくさん投稿する力技SEOではアクセス数を集めることができなくなると考えられます。

ただ、今回のアップデートではまとめサイトの総本山であるNAVERまとめは逆にPV数は上昇しているようです。他にもキナリノなどの一部キュレーションサイトのPVにも上がっていることが確認されています。

今後もこのようなアップデートは行っていくとGoogleは述べているので、今後の動向にも注視したいですね。

 

記事は読者のことを想って作成することが大切!

また、僕の特化型ブログは前述したデータ通り、今回のアップデートによる影響はほとんどありませんでした。僕が実践している特化型ブログの手法ではしっかりとユーザーのことを第一に考えていることが大きいと思います。

参考:特化型ブログの作り方!初心者が稼げるまでの手順とやり方を解説

 

他の記事でも何度もお伝えしていますが、現状の検索エンジンの裏をかくようなSEO手法は遅かれ早かれ対策されて、収益化することはできなくなります。

Googleはユーザーファーストです。サイト運営者も、ユーザーの欲している情報を分かりやすく伝えることで検索エンジンの今後の方向性と足並みを揃えることができるでしょう。

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ