特化型ブログ22ヶ月目の実践記!ロングテールキーワードを意識して記事を書け!

僕が運営している特化型ブログの22ヶ月目(1年10ヶ月目)の実践記をお伝えしていきます。

 

特化型ブログのアクセス数

アクセス数

アクセス数:約月間590万PV

広告収益額:約280万円

今月も先月に引き続きアクセス数、広告収益額ともに過去最高値を更新しました。年始は基本的にPV数は落ち込みますが、1月3日以降はだいたい1日20万PVを維持することができました。

2年くらい良質な記事を投稿していればドメインの評価はさらに上がってくるようなので、今回のPV数増はこのことも影響しているのかもしれません。

 

ロングテールキーワードの重要性

ロングテールキーワードの重要性は過去の記事でも『ロングテールSEOで飛躍的にアクセスを集める方法』や『特化型ブログ16ヶ月目の実践記!ロングテールキーワードを狙え!』でお伝えしていますが、あらためてロングテールキーワードの情報を共有したいと思います。

1日20万PV、月間600万PVときくと「さぞかし検索ボリュームが大きなビッグキーワードで1位表示しているのだろうな」と感じるかもしれませんが、実態としてはとてつもない数のロングテールキーワードで上位表示させることによりこのアクセス数が実現できています。

このことについてここでは詳しくお伝えしていきますね。

 

まず、大前提としてやはり上位表示させないとアクセス数は集めることはできません。検索順位によりクリック率の変化については以下のような調査結果があります。

検索順位別クリック率と年代別推移まとめ

この調査結果を見るとだいたい1位だと検索した人の20%弱がクリックしてくれることになります。そして2位だと10〜15%ほど、3位だと10%前後になります。また、1ページ目に表示されても10位だと1%以下、多くても3%以下になってしまうようです。

 

このデータと僕のブログの実際のクエリのデータを照らし合わせてみると少し数値に違いがあることが分かりました。

僕のブログの場合は1位表示しているキーワードだとだいたい50〜70%ものクリック率がありました。これは上記の調査結果よりも大幅に良い数値であることが分かります。

また、8〜10位などの下位の検索順位になると上記の調査結果と同様に数%のクリック率になります。

 

つまり、僕の特化型ブログは1ページ目の上位(1位や2位)に表示されているキーワードでクリック率が良いということがアクセス数に大きな影響を与えていることが考えられます。

それではどうして僕の特化型ブログで上位に表示されているキーワードは実際の調査結果よりもクリック率が良いのでしょうか。

 

ひとつの原因としては、やはり魅力的なタイトルにしているかどうか、ということがあげられると思います。

ユーザーは実際に検索結果を見て一瞬の判断で記事をタップしているとされています。つまり、ひと目で見て競合の記事のタイトルよりも目立ち、魅力的なタイトルにする必要があるのです。

良いタイトルにすればその分クリック率が高まり、アクセス数増加に大きく貢献するはずです。

クリック率が高まるような記事タイトルのつけ方についてはこちらの記事でお伝えしているのでぜひご参考にしてください。

アクセスが急上昇!読まれるブログ記事タイトルのつけ方

 

また、クリック率が良いクエリをもう少し深く分析してみると面白い傾向が分かりました。それは、ビッグキーワードで上位に表示しているキーワードよりも比較的検索ボリュームが少ないキーワードの方がクリック率が高いということです。

さらに、ビッグキーワードで1位や2位に表示していても、むしろ5位程度にあるスモールキーワードの方がクリック率が高いということもあります。

 

ビッグキーワードは検索ボリュームが大きいキーワードなのでみんなが狙い同じような記事タイトルになります。一方でスモールキーワードはユーザーが欲している情報と記事との情報が一致する可能性が高まるためクリック率は高くなると考えられます。

この検索キーワードはその記事のタイトルに含まれていなくても、ディスクリプションでgoogleが自動に表示していくれるので記事本文中に含まれていても問題ありません。

 

この検索ボリュームが少ないほどクリック率が高まるという現象はロングテールキーワードのように検索ボリュームが少なければ少ないほど高くなると予想できます。

なぜなら、マイナーなキーワードであるほど、競合の記事は減り、検索ユーザーの需要と自分の記事の情報とのマッチングが高まるからです。

つまり、ビッグキーワードは競合サイトが強くて上位表示させにくいうえに上位表示させることができてもクリック率がよくない一方で、ロングテールキーワードは単体の検索ボリュームは少ないものの上位表示させやすくクリック率が高いということです。

 

このロングテールキーワードを寄せ集めていけばアクセス数はかなりの数字になりますし、ビッグキーワードを狙うよりも安定性は抜群です。

企業で運営しているメディアならまだしも、個人が運営しているブログであればロングテールキーワードを意識していくことがアクセス数を集めるうえでとても重要だと思います。

 

少し煩雑な文章になってしまいましたが、まとめると、ロングテールキーワードを意識して記事を作成すればいろんなキーワードで上位表示されて、そのキーワードはクリック率が高い傾向にあるのでアクセスが集まりやすいということです。

参考:特化型ブログの作り方!初心者が稼げるまでの手順とやり方を解説

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ