特化型ブログ14ヶ月目の実践記!キーワード選定に関してもう一度学ぼう!

今回は特化型ブログを運営して14ヶ月目の実践記をお伝えしていきたいと思います。

 

特化型ブログのPV数

アクセス数

月間PV数:290万PV

アドセンス報酬:160万円

PV数とアドセンス報酬ともに前月より少し増えました。今後も特に手を加えない限り150~200万円ほどの報酬で安定していきそうです。

 

キーワード選定に関して

ブログにアクセスを集めるためには「他のブログに書いていないようなオリジナリティの高い良質なコンテンツ」でなければならないとよく言われていますが、ブログ構築初期の段階ではそこまで重要視する必要はありません。

たしかに良質なコンテンツであることは長期的に考えれば重要なSEO要素となってきますが、それよりも大切なのはやはりキーワード選定です。

 

多くのブロガーがオリジナル性が高く良質なコンテンツを配信しているのになかなかアクセスが集められていない現状を見ると、そこにはキーワード選定が欠落していることが分かります。

自分が書きたいことだけを記事に書いてもアクセスは集められないのです。ブログを趣味として更新している分には、自分が書きたいことだけを書いていけば問題ないですが、アドセンスなどで収益化しようと考えている場合はオリジナリティが高い記事を追求していくことはおすすめではありません。

 

検索需要の分析

記事にアクセスを集めるためには、多くの検索ユーザーが知りたい、悩みを解決したいと考えていることを書いていくことが重要なのです。つまり検索需要を意識することが大切であり、この検索需要を満たすキーワードを選定していくのがキーワード選定となります。

ブロガーとアフィリエイターの違いからブログで稼ぐ本質を考えた』ではこの点についてかなり重要なことをお伝えしていますのでぜひ一度ご覧になってみてください。

 

これは、ブログにアクセスを集めることだけでなくビジネスにおいてプロフィットを出すためにも意識すべき大切なことです。

どんなに優れたアイデアがあろうと、どれだけ強固なビジネスモデルがあろうとそこに『ニーズ』がなければ商売は成立しません。

ビジネスにおいてニーズがあることは大前提であるのですが、記事を書くときにはこの当たり前のことが抜けてしまっている方が多いと感じています。

 

それでは、どういったキーワードに『ニーズ』があるのでしょうか。例えば「最近ブログを書く人が増えているから『ブログ 書き方』といったキーワードは検索需要がありそうだな!」といった定性的かつ主観的な分析では正確なニーズは探れません。

むしろこれは分析ではなくただの推測です。検索需要を調べるためにはしっかりと客観的に定量的なデータを得る必要があります。このためにちょうどキーワードプランナーという優れたツールが存在しますので、キーワード選定を行っていく場合はこのツールを使っていくことを習慣づけるといいですね。

 

僕はキーワードの候補があがってきた段階でまず何よりも先にキーワードプランナーで月間検索数を調べます。

参考:キーワードプランナーの使い方!検索ボリュームをチェック!

ビジネスにおいてニーズがあることが前提であるように、ブログにアクセスを集めるためには検索需要があることが前提だからですね。

 

競合サイトの分析

続いて検索需要がしっかりとあることが分かれば、競合サイトの状況はどうなっているのか、自分の記事は上位に表示することができるのかチェックをしていきます。このライバルチェックは先ほどの検索数のチェックとは逆で定性的な分析をしていくことになります。

実際にそのキーワードで検索してみて1ページ目に表示される記事の強さを目視して定性的に判断していくのです。

参考:特化型ブログでアクセスを爆発させるライバルチェックの極意

 

この競合サイトの強さを確認していくことがキーワード選定で一番難しい部分であり、僕を含め多くの人がつまづく部分です。アドセンスでマネタイズしていくうえでも一番大切なことといっても過言ではありません。

なぜなら検索需要のチェックは客観的かつ定量的な「数値」として分析できるので個人のスキルは必要としません。しかし、競合サイトの分析では、定性的に主観的な分析をしていく必要があるので個人のスキルでこの分析結果が100%変わってきます。

 

あるキーワードの月間検索数が10000であれば、ほとんどの人は「ニーズがあるキーワードだな」と判断することができますがそのキーワードを検索してみて「競合サイトが強そうだからやめておこう」と考える人がいれば「上位表示されているブログは弱そうだから挑戦してみよう」と考える人もいるのです。

ブログにたくさんのアクセスを長期的に呼び込める人はこの競合サイトの分析を徹底的に行っている人であり、その精度も高いのです。

 

もちろん競合サイトの強さを100%見極められる人はいませんし、当然僕も判断を間違えることもあります。ただこの分析は経験を積んでいけば精度を高められます。

個人的には「文章を書くことが上手い」ということよりも「競合サイトの分析が上手い」方がアクセスをたくさん集められると感じています。

 

競合サイトの分析は一朝一夕で身につくスキルではありませんが、数ヶ月試行錯誤しているうちに次第に身についてきます。競合サイトの強さが分かるようになれば、もうこっちのものです。

キーワード選定がしっかりと行えるようになればブログにアクセスを集めることは面白いほど簡単になります。

なのでブログになかなかアクセスが集まらなくて悩んでいる方は文章を上手く書けるように練習するよりも記事をたくさん投稿してキーワード選定のスキル、とくに競合サイトの分析スキルを高めていくことが重要なのです。

 

最後に、記事の書き方に関してですが『特化型ブログの記事の書き方!簡単に書ける5ステップ』でお伝えしているように最低限このフレームワークに沿って記事を書いていけばそれなりの記事は出来上がります。

おもしろい記事を書けるような練習はまずはキーワード選定をしっかりとできるようになってから習得していくといいですね。

 

今回お伝えしたことはキーワード選定をしっかりと行えている人にとっては当たり前のことだったと思いますが、僕が特化型ブログを教えていてこのような視点が欠如してしまっている方が多いと感じて一度記事にしてみました。

ぜひ参考にしてみてください!

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ