超簡単!WordPressでバックアップを取るBackWPUpの使い方

ネットビジネス

WordPressを使用していると思わぬことでエラーが起きて、管理画面にログインしても画面が真っ白…ということがあります。

  • WordPressをアップデートしたとき
  • phpのコードを少しいじったとき
  • プラグインを追加したとき

このようなときに、予期せぬ不具合が起こるのです。

 

WordPress初心者の方だと、画面が真っ白になってしまったらどうすればいいのかかなり慌ててしまうと思います。

そこで、ここではWordPressのバックアップを自動的に取ってくれるプラグインBackWPupの使い方について解説していきます。

 

バックアップを取っていれば、もし不具合でWordPressが動かなくなってしまったとしても、修復することが可能です。

またなんらかの原因で投稿した記事のデータなどが消えてしまった場合でもバックアップを取っておけば復元することができるのです。

このような理由により、面倒くさくてもバックアップは必ず取っておきましょう!

 

BackWPupのインストール

まずは、BackWPupというプラグインをインストールしていきましょう。

プラグインの導入方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

参考:WordPressプラグインを簡単にインストールする方法

 

WordPressのバックアップとは

BackWPupを使ってWordPressのバックアップ設定を行っていく前に、WordPressでのどのようなデータをバックアップしておくのか確認しておきましょう。

WordPressの場合は以下の2種類のデータをバックアップしておく必要があります。

  • サーバー上のデータ
  • データベース上のデータ

 

サーバー上では、画像ファイルやテンプレート、プラグインなどのデータを保存しています。

一方、データベース上では記事の情報などを保存しています。

 

このような2種類のデータを取る必要があることを覚えておいてください。

BackWPupを使ったバックアップの設定でも、この2つのデータを分けて設定していきます。

 

BackWPupの使い方

BackWPupをインストールできたら、管理画面サイドメニューから「BackWPup」の「Add new job」をクリックします。

BackWPup1

 

すると新しいジョブを追加する画面になります。

BackWPup2

表示されているタグの通り、「General」「Schedule」「DB Backup」「Files」「Plugins」の5つの項目をチェックしていきましょう。

 

また、先ほどお伝えしたように、WordPressではサーバー上のデータとデータベース上のデータ2つのバックアップを取る必要があります。

まずはサーバー上のデータのバックアップを取る方法について解説していきます。

 

サーバー上のデータのバックアップを取る方法

まずは、Generalの設定をしていきます。

BackWPup3

 

job Name

ジョブの名前を入力します。任意の名前で構わないので分かりやすい名前を入力しておきましょう。

ここでは「Server backup」と入力しておきます。

 

Job Tasks

「File backup」のみにチェックをいれましょう。これにより、サーバー上のデータのバックアップを取ることができます。

 

Archive name

デフォルトのままにしておきます。

 

Archive Format

圧縮方法について選択します。環境によって変わりますが、基本的にはWindowsを使用している方は「Zip」形式、Macを使用している方は「Tar GZip」を選択するといいでしょう。

 

Job Destination

バックアップデータを保存する場所の選択をします。

ローカル環境に保存しているとパソコンが壊れたときなどに復元できなくなってしまうので、自社サーバーやDropboxなどのオンラインストレージ上に保存しておくことをおすすめします。

ただ、Dropboxに保存しておくと転送速度がとても遅くなってしまうので、あまりおすすめできません。

 

僕の場合は「Backup to Folder」のみに選択を入れています。

これにより自分の使用しているサーバー上に保存することができるので、FTPソフトを使ってデータを取り出すことが可能となります。

 

ちなみにFTPソフトはFileZillaがおすすめです。FTPソフトをダウンロードしていない方はぜひ導入しておきましょう。

参考:FileZilla(ファイルジラ)のダウンロードから設定方法まで!

 

Log Filesはデフォルトのままにしておき、Errors onlyにチェックを入れておきましょう。

そして最後に「Save changes」をクリックします。

 

続いて、「Schedule」の設定をしていきます。

BackWPup4

Start job

「with WordPress cron」にチェックを入れましょう。

 

Scheduler type

「basic」を選択しておきます。

 

Scheduler

どのくらいの頻度でバックアップを取るか設定します。

基本的には週1回バックアップを取れば問題ありません。またバックアップを取っている間はブログが少し重くなることがあるので、できるだけアクセス数が少ない時間帯を選ぶことをおすすめします。

日曜日の早朝3:00はアクセスが最も少ないことが多いので、日曜日の3時に設定しておきましょう。

 

最後に、Save changes をクリックします。

 

次のFilesのタブに関してはすべてデフォルトのままで問題ありません。

BackWPup5

 

最後に「To:Folder」のタブを設定していきます。

BackWPup6

 

Folder to store backups in

バックアップを取るフォルダの保存先を設定します。管理しやすいようにできるだけ分かりやすい名称で設定しておきましょう。

たとえば、

/home/◯◯◯.co.jp/public_html/wp-content/uploads/server-backup/

といった感じで入力しておけば問題ありません。

 

File Deletion

バックアップデータを保存しておく期間を設定します。ここはデフォルトのままで問題ありません。

 

最後にSave changes をクリックして、サーバー上のデータをバックアップする設定は完了です。

続いて、データーベース上のデータをバックアップする設定を行っていきます。

 

データベース上のデータのバックアップを取る方法

データーベースには記事のデータが保存されますので、とても大切なデータとなります。ぜひバックアップを取っておきましょう。

データベース上のデータのバックアップを取る設定をするには、ふたたび「BackWPup」の「Add new job」をクリックします。

BackWPup1

 

基本的に先ほどのサーバー上のデータの場合と同じような設定をしていけばいいのですが、少し違う設定を部分があるので注意してください。

 

まずは「General」のタブの設定をしてきましょう。

ここでは先ほどと違う設定をする部分が2か所あります。

BackWPup7

1つ目は、「Job Name」です。

先ほどの違う任意の分かりやすい名称を入力しておきましょう。ここでは、「Database backup」と入力しておきます。

 

Job Tasks

「Database backup」と「Installed plugins list」の2か所にチェックを入れておきましょう。

 

他の設定項目については、サーバー上データのバックアップと同様ですので、画像の通り設定していきましょう。

 

「Schedule」のタブの設定をしていきます。

BackWPup8

ここでも先ほどと違う箇所が1箇所ありますので注意してください。

「Scheduler」で先ほどは「weekly」で設定したと思いますが、今回は「daily」を選択します。

 

というのも、データーベース上のデータはサーバー上のデータと比べて軽いことが多いです。また、記事のデータも含まれているため予期せぬエラーの備えて毎日バックアップを取っておくことをおすすめします。

ここでもアクセス数が最も少ないと考えられる早朝3時に設定しておきます。

 

「DB Backup」と「Plugins」のタブの設定項目に関してはデフォルトのままで問題ありません。

 

「To:Folder」のタブでは、「Folder to store backups in」で保存先を設定します。

BackWPup9

今回も分かりやすいように、

/home/◯◯◯.co.jp/public_html/wp-content/uploads/database-backup/

などと入力しておきましょう。

 

File Deletionでは、「30」と入力しておくことをおすすめします。

これで1か月分のデータを保存できるということになります。

 

最後にSave changesをクリックして、バックアップの設定は完了です。

 

バックアップ設定の確認

最後に、しっかりとバックアップの設定ができたか確認しておきましょう。

WordPress管理画面のサイドメニューから「BackWPup」の「Jobs」をクリックします。

BackWPup10

 

そして、このように先ほど設定したジョブが表示されていれば、しっかりと設定ができています。

BackWPup11

 

また、データが保存されているか不安な場合は、次回のバックアップ日時後に設定したフォルダ先にデータが存在するか確認してみるといいですね。

 

まとめ

BackWPupというWordPressプラグインを使ったバックアップ方法について解説しました。

特に、WordPressのバージョンアップをしたり、functions.phpをいじったりして、管理画面が真っ白になってしまうというのはよくあることです。

 

画面は真っ白、顔は真っ青ですがバックアップデータがあればFTPソフトを使ってアップロードすることができます。

設定が少し面倒くさかったかと思いますが、バックアップを取ることはとても重要なことなので必ず設定しておいてください。

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ