Googleアドセンスの二次審査を確実に通過する方法!

 

飛び込む

こんにちは!YUNITOです。

今回は、Googleアドセンスの2次審査を通過する方法について紹介していきたいと思います。

ここで解説していく方法通りに行っていけば、確実に審査を突破することができるはずです!

Googleアドセンスは規約が厳しくて、少し面倒ですがアドセンス報酬を得るためにも、しっかりと設定しておきましょう!

 

アドセンスの二次審査を通過する方法

Googleアドセンスの二次審査は、申請用のブログにアドセンス広告を張り付けるだけで完了します。

しかし、一次審査は機械によって自動的にチェックされるのに対し、二次審査は人間が審査をします。

なので、一次審査よりも二次審査の方が厳しくチェックされることになります。

 

これは、後述する「注意しなければならないこと」を参考にしていただければ審査を通過することができるはずです。

まずは、審査通過までの手順をはじめから解説していきますね!

 

アドセンス広告の設定

一次審査通過の連絡がきたら、続いて二次審査を開始していきましょう。

まずは、Google AdSenseのホームページで画面上部にある「広告の設定」という部分をクリックします。

adsense2次審査1

 

続いて、「新しい広告ユニット」というボタンをクリックしましょう。

新しい広告ユニット

 

すると、設置する広告の設定をする画面が表示されます。

アドセンス設定

設定する項目がいくつかあるので、それぞれについて解説していきます。

 

名前:

広告の名前を設定します。この名前は自分が分かりやすいようにつければ問題ありません。

ここでは、審査用の広告を作るので、「審査用」と記入しておくといいですね。

 

広告サイズ:

ここでは、ウェブページに表示される広告の大きさを選択することができます。意外とたくさんの種類があるのですが、審査用の場合は、一番無難な「レクタングル(大)」を選択しておけばいいでしょう。

実際に、審査に通ったあとは収益が最大限になるように、新しい大きさの広告を設定していきます。

 

広告タイプ:

広告タイプは「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択しておきましょう。

 

以上のように設定することができたら、一番下の「保存してコードを取得」をクリックします。

 

すると、以下のような画面が表示されます。コードタイプは「非同期」のままにしておきましょう。

広告コード

非同期にしておくと、広告を貼ったページの他の部分の読み込みを邪魔しないので、表示速度がより早くなります。

そして、その下に表示されている、広告コードを全てコピーします。

 

広告を貼り付ける

続いて、先ほどコピーした広告コードを審査用のブログに貼り付けていきます。貼り付ける方法は、お使いのブログの種類やテンプレートによって異なります。

 

『ワードプレス アドセンス 貼り方』と検索すれば、そのブログに適した貼り方が解説されているので、参考にしてみてください。

ただし、アドセンスの貼り方には注意しなければならない点が6つほどあります。

 

アドセンスを設置するときに注意しなければならないこと

Googleアドセンスは、広告の中でも特に規約に厳しいです。なので、しっかりと決められたルールを守って、アドセンスを設置していきましょう。

以下で、二次審査時に注意してほしい点について解説していきます。

 

広告の上に「スポンサーリンク」と表記する!

アドセンス広告を設置するときは、それが広告だとユーザーに分かってもらえるように広告の上に「スポンサーリンク」などと書いて表記する必要があります。

審査時にも、この点を見られるので、忘れずに「スポンサーリンク」と書いておきましょう。

 

全てのページにアドセンスを表示させる

投稿した全ての記事とトップページに張り付けるように注意しましょう。

ある特定の記事だけに張り付けたり、トップページだけに張り付けてしまうと、審査の人に広告が貼ってあると気づいてもらえない可能性があります。

アドセンスが設置されていないページがあること自体は規約違反ではないのですが、審査時には確実に通過できるように、全てのページに表示させておきましょう。

 

画像、動画、外部リンクは貼らない

二次審査のときは、画像や動画、外部リンクなどは貼らないようにしましょう。

審査用のブログには、文字とアドセンスだけを載せて、余分なものは貼らないようにしておくことが大切です。

 

著作権に気をつける

あなたのブログはインターネットを通して、世界中に公開されています。なので、著作権の問題には十分注意するようにしましょう。

特に、審査用のブログではできるだけ固有名詞を使わないようにするのをおすすめします。

 

最後に記事内容をもう一度確認!

アドセンス一次審査のときに、記事内容は機械的に確認されていますが、二次審査では人間の目で確認されます。

なので、より一層記事内容に注意しなければなりません。

  • 文字数は1000文字以上
  • コピペ・リライトは厳禁
  • 公序良俗に反する内容は書かない

 

独自の視点で素晴らしい情報を発信しなければならないというわけではないので安心してください。以上の3点を守っていれば、基本的に記事内容は問題ありません。

意識すべきことは「自然なブログ」であることです。なので、僕のおすすめはあなたが実際に体験した「日記」を書くことです。

 

日記で体験したこと、感じたことなどを書けば1000文字以上は書けるはずですし、自分オリジナルの内容になりますよね。

実際に僕も、「昨日はスカイツリーにのぼってきました!」とか「今日は暇だったから家で映画見てたよ!」みたいな日記の記事を書いて一発で審査に通過することができました。

なので、日記を書くというのはおすすめです。

 

ただし、アダルト、お酒、たばこ、ギャンブル、暴力などを連想させるような公序良俗に反するキーワードは使わないようにしましょうね!

 

プロフィール欄を作っておく

そのブログを運営している人のプロフィールをサイドバーなどに表示しておくことも、審査突破には効果的です。

具体的には、自分のニックネームや職業、このブログではどのような記事を更新しているか、などを表記するといいですね。

また、連絡先として、自分のメールアドレスを表記しておくことも忘れないようにしましょう。

 

二次審査開始!

以上の注意点に気を付けて、審査用のブログに広告コードを張り付けることができたら、自動的に二次審査がスタートします。

なので、こちらからGoogleに連絡などをする必要はありません。

 

また、この時点ではアドセンスを貼った部分は真っ白になっているはずが、それが正常なので安心してください。

実際に審査に通過することができたら、広告が自動的に表示されるようになります。

 

審査期間について

一次審査は遅くても数日で返事が返ってきたと思いますが、二次審査は一次審査より期間が長いです。

なぜなら、二次審査は実際にGoogleの人が目視で確認するため、どうしても時間がかかってしまうんですね。

 

二次審査の審査期間は一般的に3日~2週間です。早い人では2、3日で通過する場合もありますが、遅い人だと2週間経ってから通過することもあります。

僕は早い人で、2日間ぐらいで審査を通過することができました。

 

早期に通過するコツは、無駄なものはできるだけ減らし、アドセンスを分かりやすく設置することです。なので、サイドバーなどにある不要なウィジェットは全て削除しておきました。

また、記事内容がグレーの場合は、審査期間が長くなってしまうことがあるようです。上記で紹介した注意点をしっかり守って、「これって大丈夫かな?」と思うようなことは書かないようにした方がいいですね!

 

まとめ

Googleアドセンスの審査を通過するためには、いろいろな事を注意しなくてはならないので、とても大変ですよね。

僕も審査を突破するのは、とっても苦労しました。笑

もし、方法がよく分からなかったり、なかなか審査に通過できずにいる方はぜひご相談ください!

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ