AddQuicktagの使い方!作業を大幅に効率化!

WordPressのAddQuicktagというプラグインを使えば、記事の作成時間を大幅に短縮することができます。

よく使うコードを登録して、クリック1つでそのコードを挿入することができるプラグインなのです。慣れてくると、さまざまなコードを使用するようになりますし、慣れていない方でも、文字を太字にしたり、色を変えたり、と使うときがあるはずです。

特に、文字を太字にするときは、もともとWordPressに搭載されている<strong>タグを多用するのではなく、AddQuicktagを使って<b>タグを使わなければなりません。

そこで、ここではAddQuicktagの設定方法から使い方までお伝えしていきたいと思います。

 

設定方法

まずは、AddQuicktagプラグインのインストールをしていきます。プラグインのインストールと有効化についてはこちらの記事を参考にしてください。
WordPressプラグインを簡単にインストールする方法

 

AddQuicktagの有効化ができたら、WordPress管理画面のサイドバーで「設定」から「AddQuicktag」をクリックしましょう。

AddQuicktag1

 

クイックタグの追加をする画面に移ります。入力する場所がたくさんありますが、基本的に赤枠で囲った3箇所だけ記入すればいいので、安心してください。

AddQuicktag7

 

それでは、それぞれの項目について紹介していきます。

ボタン名:記事を投稿する画面で表示されるボタンの名前を入力します。分かりやすい名前を設定しておきましょう。

ラベル名:ボタンの説明文です。ボタン名で分かりやすい名前に設定しておけばいいので、空欄で大丈夫です。

開始タグ:コードの開始タグを入力します。後で具体例を紹介しますね!

終了タグ:コードの終了タグを入力します。こちらも後で具体例を紹介します。

アクセスキー:基本的に空欄で問題ありません。

順番:タグを複数作ったときに、記事投稿画面でのボタンの順番を決めます。もし、順番を決めたかったら、数字を入力しておきましょう。なにも入力しなかったら、追加順に表示されます。

 

それでは、実際にクイックタグを追加してみましょう。ここでは、文字を太字にする<b>タグを追加したいと思います。WordPressに最初からある<strong>タグを乱用すると、スパム判定されるおそれがあるため、文字を太字にしたいときはこちらの<b>タグを使っていきます。

 

<strong>タグは基本的に1記事につき1~2つぐらいにしておきましょう。

なぜなら、<strong>タグは、クローラーに対してもその文字が強調されてしまいます。一方で、<b>タグの場合は、視覚的に太字になるだけだからです。

 

それでは、話がそれてしまいましたが、AddQuicktagの具体的な設定方法です。

文字を太字にするためのコードはこのように設定します。「ボタン名」「開始タグ」「終了タグ」を入力し終えたら、右端のチェックをクリックします。

このチェックをし忘れてしまうと、設定が反映されないので注意してくださいね。

AddQuicktag2

そして、「変更を保存」をクリックして、クイックタグの設定は終了です。続いて、実際に記事でコードを挿入するときの使い方を紹介していきたいと思います。

 

使い方

AddQuicktagはビジュアルエディタでもテキストエディタでも使うことができます。それぞれでの使い方を紹介していきますね。

AddQuicktag3

まず、ビジュアルエディタの場合は、「Quicktags」というボタンが追加されていることが分かります。太字にしたい部分をドラッグし、「Quicktags」から「太字」をクリックするだけで、<b>タグが挿入されます。

 

AddQuicktag4

このように、文字が太くなっているのが分かりますね!

 

続いて、テキストエディタでの使い方です。テキストエディタでは、「太字」というボタンが追加されていることが分かります。

AddQuicktag5

ビジュアルエディタの場合と同じように、太字にしたい文字をドラッグし、「太字」をクリックします。

すると、このように<b>タグが追加されます。

AddQuicktag6

 

まとめ

このようにして、文字を太字にするだけでなく、さまざまなコードをクリック1つで追加できるようになるのです。とても便利ですよね!

慣れてくるにしたがって、どんどん追加したいコードが増えていくと思うので、初めのうちからこのAddQuicktagプラグインを追加して、使えるようにしておくことをおすすめします。

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ