アクセス解析でWordPressブログのアクセス数を増やす方法

机

『アクセス数をもっと増やしたい!』

ブログを運営している方なら、誰しもが感じたことがあるのではないでしょうか?

「アクセス数をいかに増やすか」はブログ運営者にとって永遠のテーマですよね。

アクセス数を増やす方法としては、

  • 記事をもっとたくさん投稿する
  • キーワード選定スキルをあげる
  • SEO対策を行う

などが主に考えられます。

 

しかし、他にもブログのアクセス解析を行うことにより、アクセス数をアップさせることもできるのです。

そこで、今回はGoogle アナリティクスというアクセス解析ツールを使って、あなたのブログのアクセスアップを図る方法について紹介していきます。

 

Googleアナリティクスの導入方法

WordPressを使ってブログを運営している場合は、必ずといっていいほど導入すべきなのがGoogleアナリティクスというアクセス解析ツールです。

Googleが無料で配布しているツールなのですが、無料とは思えないほど、あなたのブロブのアクセス解析を詳しく行うことができます。

 

Googleアナリティクスを使って、アクセス解析を行うには、あなたのブログにトラッキングコードというものを埋め込む必要があります。

簡単な作業で導入することができますので、以下の記事にしたがって行ってみてください。Googleアナリティクスの簡単な見方についても紹介しているので、参考になるはずですよ。

参考:Googleアナリティクスの設定方法と見方

 

アクセス解析でWordPressブログのアクセス数を増やす方法

ノートに文字を書く

上記のGoogleアナリティクスを使うことにより、ブログのアクセス解析を行うことができます。

具体的には、

  • どのくらいのユーザーがあなたのブログに訪れているのか
  • どの記事がどのくらいのアクセスを集めているのか
  • ページの滞在時間はどのくらいなのか
  • 今現在は、どのくらいのアクセス数があるのか
  • スマートフォンから見ている人は何%いるのか
  • どの地域から見ている人が多いのか
  • ユーザーのうち男女の割合はどのくらいなのか
  • ユーザーの年齢層はどのくらいなのか

などなど、こんなことまで分かるの?!と思うようなデータも見ることができます。

 

しかし、「分かること」が多すぎるために、初心者の方にとってはいったいどのデータを見て、どのように分析するべきなのか分かりにくいはずです。

そこで、ここではアクセス解析で見るべきデータ、そしてそのデータを見てどのように改善すればアクセス数を増やすことができるのかということについてお伝えしていきます。

 

直帰率の解析

直帰率というのは、あなたのブログに訪れたユーザーが1ページしか閲覧せずにブログを離脱してしまった割合のことです。

例えば、10人の人がこのページを見てくれて、そのうち6人の人がこのブログの他のページも見てくれて、残りの4人の人はそのまま「戻る」ボタンなどを押して、離脱してしまった場合、直帰率は40%となります。

 

この直帰率という数値は、SEOにとても影響していると言われていて、数値が小さければ小さいほど望ましいです。

例えば、直帰率80%のブログよりも直帰率40%のブログの方が、ユーザーが「見たい!」と思ってくれるページがたくさんあるということなので、ユーザーに有益なブログと言えます。

なので、直帰率が低いほど、ブログの評価も上がり、ページも上位表示されやすくなるのです。

 

ブログの直帰率は、Googleアナリティクスの「ユーザー」から「サマリー」をクリックすれば、表示されます。

アクセス解析

 

ブログのジャンルにもよりますが、一般的にある情報を提供しているようなブログは、70%を下回ると優良ブログと言われています。

なので、Googleアナリティクスを見て、直帰率が70%以上ある場合は、直帰率改善の余地があるということです。

 

直帰率を改善する方法としては以下のようなことがあげられます。

  • 記事本文中に適宜、内部リンクを貼る
  • ユーザーのことを考えて記事を作成する
  • あるジャンルに特化した記事を投稿していく特化型ブログを構築する

 

記事本文中の内部リンク

サイドバーや記事下に「人気記事ランキング」、「新着記事」、「関連記事」を載せているのは、多くのブログで見かけていますが、記事本文中にもしっかりと内部リンクを貼ることにより、直帰率を大幅に改善することができます。

というのも、最近ではスマートフォンユーザーが増えてきているため、スマホからページを見ると、サイドバーなどのコンテンツは記事下に追いやられるので、あまり見られることがなくなってしまうのです。

 

また、記事本文に書かれていることに関連した内部リンクが貼られていれば、ユーザーもクリックしてくれる確率が高まります。

記事本文に内部リンクを貼ることは、面倒に感じてしまうかもしれませんが、後々かなりの影響を及ぼすので、しっかりと行うおうにしましょう。

 

ユーザーのことを考えて記事を作成する

ブログを運営者にとっては、めちゃくちゃ基本的なことですが、ユーザー第一に考えて、記事を作成するべきです。

「検索結果で上位表示させることだけを考えた記事」は、ユーザーのことを考えた記事とは言えません。

 

しっかりと、「この記事に訪れるユーザーはどのような情報を欲しているのか」「どうすればユーザーが見やすい記事」を作れるか考えて、記事を作成していくことが重要です。

そうすれば、ユーザーは「このブログはためになる!」と思い、他のページも読んでくれる確率が高まるのです。

 

このような、ユーザーのことを考えた見やすい記事の書き方についてはこちらのページで詳しくお伝えしています。

参考:ブログ初心者がおさえておくべき見やすい記事の書き方!

 

特化型ブログを構築する

あるひとつのジャンルに絞った記事を投稿していく特化型ブログというスタイルは、通常のブログに比べて直帰率が低くなる傾向があります。

なぜなら、そのページに訪れたユーザーが興味を持っているページがブログ内にたくさん存在するからです。

特化型ブログでは、訪れたユーザーが「あれも見たい、これも見たい」というようなブログを作ることができるのです。

 

このような特化型ブログを作成する手順についてはこちらを参考にしてください!

参考:特化型ブログの始め方!初心者が稼げるまでの手順とやり方を解説

 

平均ページ滞在時間の改善

平均ページ滞在時間というのは、その名の通り、ユーザーがひとつのページにどのくらいの時間閲覧していたのかを知ることができるデータです。

平均ページ滞在時間もSEOに大きな影響を及ぼすと言われていて、滞在時間が長ければ長いほど良いとされています。

 

平均ページ滞在時間は、Googleアナリティクスのサイドメニューから「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」とクリックしていくことにより、見ることができます。

アクセス解析

 

この画面では、すべてのページの個別の滞在時間を見ることができるので、とても見やすいです。

先ほどの直帰率も個別のページごとに見ることができますので、この画面を見れば、「直帰率が高いページ」、「滞在時間が短いページ」を個別で対策することができますね!

 

また、平均ページ滞在時間は、3分を超すと優良ブログであると言われています。滞在時間が3分以下の場合は改善の余地があるということです。

なので、このブログは改善の余地がありますね。笑

 

平均ページ滞在時間を長くする方法としては、

  • 文字数を増やす
  • 動画を使用する
  • 画像を使用する

といったことがあげられます。

 

文字数を増やす

記事本文の文字数を増やせば増やすほど、ユーザーが記事をすべて読み終わるのに時間がかかるので、滞在時間は長くなりますね。

なので、記事ひとつひとつの文字数を増やすことにより、平均ページ滞在時間を長くすることができます。

 

ただ、ただ文字数を増やせばいいわけではありません。つまらない文章がだらだらと続いているのであれば、ユーザーも飽きて、途中で読むのをやめてしまったり、流し読みしてしまいます。

ユーザーのためになるような情報をしっかりと提供することがで大切なのです。

 

「そんなに文字数をたくさん書けないよ!」という方は、こちらの記事をご覧いただければ、記事がかなり書きやすくなるはずですよ。

参考:特化型ブログの記事の書き方!簡単に書ける5ステップ

 

動画を使用する

YouTubeなどの動画コンテンツを記事中に埋め込めば、ユーザーが閲覧してくれます。例えば、3分の動画であれば、その動画を見ているだけで滞在時間が3分増えるという計算になりますね。

なので、記事内容に関連する動画を埋め込んでおくことにより、滞在時間を増やすことができるのです。

 

また、動画は記事の前半に貼っておいた方が、ユーザーが見てくれやすくなる傾向があることもチェックしておきましょう!

参考:YouTubeの動画をWordPressブログに埋め込む超簡単な方法

 

画像を使用する

意外かもしれませんが、記事中に適宜、画像を使うことも滞在時間の増加につながります。文字だけで埋まっているブログは、かなり読みづらく、ユーザーが途中で飽きてしまいがちです。

 

その結果、文章を流し読みしてしまったり、ページを離脱してしまったりして、滞在時間が減少してしまうのです。

記事中に2~4つぐらいの画像を適切な部分に貼っておけば、記事の見栄えがよくなり、一気に読みやすいページとなります。

 

まとめ

Googleアナリティクスを使えば、とてもたくさんのアクセス解析データを知ることができれますが、基本的に「直帰率」と「平均ページ滞在時間」の2つに目を光らせておけば問題ありません。

個々のページの、直帰率と平均ページ滞在時間を調べて、もし悪いデータがあったら、そのページで今回紹介したような改善方法を行っていけばいいのです。

 

直帰率は70%、平均ページ滞在時間は3分を目安にして、それより悪い数値の場合は、改善を行ってみてください。

このような地道な作業が将来のあなたのブログのアクセスアップにつながります!

  • お名前(名字だけでOK!)
  • メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ